YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

不老山~高指山~権現山~雨降山

jinba-shuさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:健康維持のためハイキングと登山の真似事を気の向くままに日本全国(過去のこと)をかけ回っていました。最近はもっぱら丹沢の山、中央線沿線、富士山の外輪山、奥多摩の山、奥秩父の山、八ヶ岳、北アルプスの山、南アルプスの山をリピートしています。
    1999年に富士山を最後に日本百名山を完登しました。
    2016年5月11日に二回目の日本百名山を完登しました。最後に登った山は宮之浦岳です。
    下記は過去に作成していた「陣馬からの便り」ホームページです。
    <陣馬からの便り>
    url = http://www.asahi-net.or.jp/~az5h-oomr/
    <ヤマレコ>syusan99のIDで山行記録をアップしています。
    http://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-86570-prof.html

  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

百蔵山・扇山

2016/01/11(月) 16:07

 更新

不老山~高指山~権現山~雨降山

公開

活動情報

活動時期

2016/01/11(月) 07:36

2016/01/11(月) 15:49

アクセス:233人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,063m / 累積標高下り 3,133m
活動時間8:13
活動距離18.14km
高低差1,063m

写真

動画

道具リスト

文章

今回の登山コースはロングなので早朝に家を出た。登山口である上野原市の不老下BS行きのバスが和見入口BSを午前7時35分に出るのに合わせて行った。今回の下山口である和見入口BSは以前利用したこのがあり、和見入口BS近くに車を停めることができる空地がある。ここにに車を停めた。
今回の登山コースは、
不老下BS~金毘羅宮~不老山山頂~高指山山頂~和見峠~和見分岐~権現山~和見分岐~雨降山山頂~二本松~芦垣・和見・用竹分岐~芦垣~和見入口BS

今回の登山コースの見どころ
①不老下BSから不老山山頂への登山途中にある金毘羅宮からの富士山展望
②不老山山頂からの富士山展望
③権現山山頂からの富士山展望、
④権現山山頂からの奥多摩の山々(飛龍山、雲取山、鷹ノ巣山、御前山、大岳山、三頭山)の展望
⑤権現山山頂からの笹尾根の山々と生藤山、陣馬山の展望

【感想等】
①不老下BSから不老集落への入口(不老山への案内あり)への
案内がないので登山地図を持ってないと桑久保集落への入口が見つけ
にくいです。
②桑久保集落への入口から墓のある不老山登山口の標識のあるとこまで
は道標に従って進めば登山口にたどり着くことができます。
③不老山登山口から金毘羅宮までは1本道で迷うこともなく、道も良く
整備されています。
④金毘羅宮からの展望は素晴らしく、富士山の大展望地です。ここは
私のお気にいりです。
⑤金毘羅宮から不老山山頂までの登山道は一本道で迷うこともなく、
登山道は良く整備されています。
⑥不老山山頂は、南側の木が伐採されていて、富士山、丹沢の山々、
中央線沿線の山々の展望が最高です。ここも私のお気に入りの場所
です。また、山頂にはベンチが設置されていて、休憩ができます。
山頂の標識も真新しく素晴らしいです。
⑦不老山山頂から高指山山頂までは、林の中の登山道で展望があ
まりありませんが、灌木のため冬の間は木々の間から生藤山や陣馬
山を望むことができます。
⑧高指山山頂には新しい山頂の標識がありますが、高指山山頂から
以前、瀬淵山方面へ下ったことがありますが、道標が設置されてい
なく、逆方向から登ったことがなければ何処へ下山するのか分から
ないと思います。地図が必要ですね。
⑨高指山山頂から和見峠(車道)までは、ほとんど松と檜の樹林帯
のため暗く見通しがききませんが、一本道で迷うことはないと
思います。
⑩和見峠から尾根の和見分岐までは針葉樹の中を上がりますが、良く
歩かれていて道も分かりやすく、迷うこともなく、特に危険な場所もあり
ません。
⑪和見分岐から権現山山頂までは、主に灌木の中を歩くため、冬は
日当たりも良く、道も良く整備され沢山の人が歩いているため道も
分かりやすいです。
⑫権現山山頂は山梨百名山でもあり、山梨百名山に制定された時に
木が伐採され、好展望の山頂になっています。その後も、木が大き
くなっても何度か木が伐採されて今も好展望地になっていて、此処
も私のお気に入りです。山頂からは富士山、扇山、大菩薩方面の山
々丹沢の山々(飛龍山、雲取山、鷹ノ巣山、三頭山、御前山、大岳
山、笹尾根の山、生藤山、陣馬山、遠く高尾山まで)を望むことが
できます。
⑬権現山山頂から雨降山山頂までは、多くの登山者が歩いているこ
ともあり、道は良く整備され歩きやすく、分かりやすいです。
⑭雨降山山頂は多くの電波塔があるが、どこが山頂かわからない。
山頂の標識も見つけることができない。以前は富士山方面の木が伐
採され富士山の展望が良かったのですが、今は木が大きくなり、富
士山を望むことができない。ただ、東電の鉄塔を保護するために木
を伐採した場所があり、その下は下草が生えていて休憩したり、昼
食をするのに良い場所となっている。一般登山者はこの場所に気づか
ず、素通りすると思います。
⑮雨降山山頂から二本松までは植林された木々の間を歩くため展望
はあまりありません。なぜ二本松とつけられたのか定かではありま
せんが。
⑯二本松は用竹への道と、芦垣・要害山への道の分かれ道ですが、
しっかりと標識があるので標識を見落とさなければ今回の目標の
芦垣へ下ることができあます。
⑰二本松から要害山、芦垣、和見への下山道分岐までは、あまり
歩かれていないですが、昔は良く歩いたと思われ、道は少々荒れ
ていますが、はっきりしています。
⑱要害山、和見、芦垣分岐から芦垣集落までは、この道も昔は良く
歩いたと思われ、道は少々荒れ、倒木等があり、道を一部塞いでい
ますが、通ることができます。
⑲芦垣集落は大きな屋敷があり、小高い平地にあり、日当たりも
良く、春には桜も咲き、小高いと所に大きな桜の木があり、展望が
素晴らしく、此処も私の好きな山里です。


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン