YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

出雲北山の秘境「三歳社」(ミトセノヤシロ)へ参拝

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

日御碕

2016/01/12(火) 21:00

 更新

出雲北山の秘境「三歳社」(ミトセノヤシロ)へ参拝

公開

活動情報

活動時期

2016/01/11(月) 11:12

2016/01/11(月) 17:37

アクセス:1017人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,618m / 累積標高下り 2,630m
活動時間6:25
活動距離10.52km
高低差481m

写真

動画

道具リスト

文章

出雲北山、東の秘境「朝村社」へ昨日参拝し、本日は、西の秘境「三歳社」(ミトセノヤシロ)へ。

正式な参拝道(阿式谷)からスタートしようと考えたが、駐車場が無いので、弥山広場へ車を停め、弥山登山口から北山へ侵入。昨年末から、何回も通った弥山登山道。まだまだ、整備不十分なので、今日もスコップ持っていこうかと一瞬思ったが、「今日は、参拝だぞ。」と自分に言い聞かす。

ジョニーオーさんに影響を受け、山頂までタイムトライしてみた。登山口のフェンスから弥山山頂まで、一生懸命歩いた。約33分だった。やはり中年か?、同じペースが維持できない。
ちょっと休憩。山頂の御山神社には、お神酒(一升瓶2本)がきちんと供えられており、おそらく里山TB様でしょうか。ご立派です。

さて、「三歳社」へどう行こうか? 今、山の上から降りるのだが、やはり、下から参拝道を登って行くのが作法ではないかと思い、阿式谷登山道を一旦下山してから、登り返しました。岩場の急傾斜を登り、馬ノ背付近まで来たがが、三歳社への道が分からない。同じ標高まで来た所で、西へトラバース開始、落ち葉の斜面を進んで行くと、谷に行き当たった。向こう側の崖に、小さな社が見えた。少し薄暗く、神秘的な雰囲気、社の手前までよじ登り、上を見上げて、今年の北山登山者の無事を祈った。

続けて、行者コースから下山すべく、その方向へ進む。いきなり急な崖があり、滑ったら危ないので、ロープを設置しました。ロープは、這わせるルートや、結び目を作ったり、結局20分ぐらいかかってしまった。行者コースを登られた方は、こちらへも足を運んで下さい。

行者コース(岩場が続く尾根)を下りて行き、途中ちょっと道を逸れ、「ゴーロ」を歩いてみた。一面岩だらけの良い景色だが、個々の石は、大変不安定で、たとえコケが生えた石でも足を乗せたら、動くので確認しながら進まないと、けっこう危険な所だと思う。

麓に降りた後、阿須伎神社方向へは下山せずに、次の目的地である、「銭ケ岩」へ向かいました。鼻突峠へ向かう道へ合流し、その道の途中から、さらに東へトラバースし、樽戸峠への道方向へ進みましたが、結局、「銭ケ岩」まではたどり着けず、夕方近くなったので、引き返す事になった。

もう16:20だ、駐車場まで戻るのに、このまま下山し、国道を歩くか、山へ登り直し、縦走路を歩くかの選択だが、国道は歩きたくないので、縦走路を選択した。歩き慣れた道へ出れば、暗くなっても迷わないが、もう一つの、条件「18時までに帰宅」これが結構きつい。

縦走路(樽戸峠)へ出たのが、16:48。あと1時間ちょいで帰宅しなければならない。縦走路を早歩きしたが、急登もあり、すぐに息があがる。17:20にようやく弥山山頂まで戻って来た。麓の景色には明かりが見えた。下山開始、木の間は薄暗かったが、足下に注意しながら急いで下山。登山口のフェンスまで、約15分かかった。

駐車場まで歩いていると、嫁から電話が「いつ戻るの?」私は、ハアハアの息を押し殺し「あと15分ぐらい」と答える。丁度18時に帰宅できた。樽戸峠からけっこう急いで、1時間ちょっとかー。時間の目安が出来たような気がした。
帰宅したら、嫁が怖い顔をして待っており、家の中には入れず、17歳になった娘の誕生祝いの外食のため、そのまま外出となってしまった。飲みたかったビールにありつけたのは、それから2時間後の事だった。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン