YAMAP

あたらしい山をつくろう。

ゲストさん

ホーム

💀不思議体験シリーズ!(第八話) ⚡恐怖の電気柵

kiserinさん

サポーター
  • サポーター サポーター No.482
  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:ボウリング歴25年の末、身体はボロボロ状態になり特に左膝は変形性膝関節症と診断され歩行困難になりました。それからと言うもの整形外科に通う日々が続き、治療はいつも痛み止めのモーラステープとヒアルロン酸の注射のみ、このままではいけないと思い体質改善を真剣に考えました。まず減量と筋力アップを中心としたトレーニングを開始しして、その結果3ヶ月で83kgあった体重が62kgに、体脂肪率も28%が13%台になり、知り合いとすれ違っても気づかれないほど激変しました。

    「ライザップ」ではありませんよ!(@_@;)

    気が付くと歩くたびに激痛に悩まされた膝はすっかり痛みが消え普通に歩けるようになりました。今後は健康と体力を維持するため、長く楽しみながら出来るスポーツは何かないかと考えた末思いついたのが登山でした。

    天気の良い日は、関東近県を中心に夫婦で「観光登山」を楽しんでいます。

    神社仏閣オタクなので神社レポも良く書きます。(*^^)v

    📝✒️山以外のレポも書きます。😅

    YAMAP会員の皆様、どこかの山で私たちを見かけましたら気軽にお声掛けください。

    それでは宜しくお願い致します。(^_^)v

    2015.10~山記録
    http://kiserin.com

    facebook
    https://www.facebook.com/kiserin1
  • ユーザーID:54297
    性別:男性
    生まれ年:1963
    活動エリア:埼玉, 群馬, 山梨
    出身地:東京
    経験年数:6ヶ月未満
    レベル:初心者
  • その他 その他
九寨溝

2018/11/04(日) 06:53

 更新

💀不思議体験シリーズ!(第八話) ⚡恐怖の電気柵

活動情報

活動時期

2018/10/18(木) 04:00

2018/10/18(木) 05:00

ブックマークに追加

アクセス

3016人

文章

 今回は不思議体験話しではなく、山で実際にあった、超~危険な体験話しをします。

 2015年に静岡県西伊豆町の川で、電気柵による感電事故が発生し、男性2人が死亡した事故は、まだ記憶に新しいところだが、実は私も誤って電気柵に触れ感電したことがあった。

 西武秩父線の武蔵横手駅を降りて、国道299号線を秩父方面へ1kmほど歩くと、愛宕山の登山口がある。そこから民家の間を130mほど入った所に、農業者が設置した電気柵があった。

 登山道へ入るには、その電気柵を跨いで進まなければならず、雑草に隠れた電気柵をうっかり見落して足に触れてしまった。

 その時は、ズボンが少し焦げ、軽いヤケドだけで済んだが、もし!ハーフパンツに生足ならもっと酷いヤケドをしていただろう?

 若い時に電気系の資格を取る時に、悪戯に100Vに触れた事があったが、その時の電気ショックに近いものを感じた。

 電気柵は本来、害獣などから農作物を守る為に設置されるものだが、伊豆の事故のように設置者が故意に電圧を上げて、不法改造した電気柵もあるので注意が必要だ。

 嘗て私の知り合いに「⚡感電オタク」がいて「このビリビリ感」がたまらないと、やたらコンセントに触れたがる変態もいたが、良い子はけして真似してはいけない。

 恐らく私の触れた電気柵も、故意に電圧を上げ漏電遮断機も設置されていない、不法改造された電気柵だったと思われる。

 特に里山などに多い、農地と隣接する登山道は、周囲の安全を確認してから歩くようにした方が良いだろう。また、汗や雨などで体が濡れてる時などは特に注意が必要だ。

 尚、電気柵の設置に関する法律は、電気事業法により法令で定められており、保安基準を遵守しなければならない事になっている。

【日本電気さく協議会】
http://www.nihondenkisakukyogikai.org/Legislation/

😁おちまい!

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間1時間0分
  • 活動距離活動距離0m
  • 高低差高低差0m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り0m / 0m
  • スタート04:00
  • 1時間0分
  • ゴール05:00

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン