YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

広島県 白木山へ

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

白木山(広島県)・高松山・鬼ヶ城山

2016/01/16(土) 23:00

 更新

広島県 白木山へ

公開

活動情報

活動時期

2016/01/16(土) 08:04

2016/01/16(土) 14:28

アクセス:519人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 4,808m / 累積標高下り 4,787m
活動時間6:24
活動距離32.86km
高低差860m

写真

動画

道具リスト

文章

正月に、岡山県の山(熊山,和気アルプス)へ登った時、地元の山とは全く違う地形や植生を見て、「やっぱり色々な所へ行って見るもんだなあ」と思った。家の親方に土曜1日頂いたので、今度は広島の山へ初登頂してみる事にした。行先について、可部冠山?白木山?両方行って見ようか、などと迷っていたが、やっぱ今回は一つの山をちゃんと歩く事にした。白木山の地図を開いた瞬間、「おおっ」歩いてくれと言わんばかりの稜線があるではないか。全体で、どれくらいの距離?,道の質?,傾斜?う~分かんない、広島の先生に聞いてみよう。メッセージを送ったら、気の利いた親切な回答が帰って来た。気持ちを込めたお礼のメッセージを送り、よし白木山に決めたぞ。

AM4時に、出雲を出発。国道54号線を通り、中国山地を越える峠付近では、-7度と表示。かなり凍結していたので、慎重に運転した。
AM6:30、目的の山の麓まで到着。さて、標高の高い方へチャリを置いて・・・、登山口へ車を移動してと。まず、チャリを置く下山地点が分からず、ウロウロ。次に、登山口付近に車を停められる場所がなく、1時間ぐらい使ってしまった。結局、河川敷なら、だれにも叱られないと判断し、車を置いた。だけど、悪い奴らがボコボコにしないかちょっと不安あり。

さあ出発だ。上深川登山口から、鬼ケ城山へ向けて登る。突然、鹿が2頭現れ、斜面を駆け上がって行った。あれぐらいの脚力があれば山頂まで走って登れるのだが・・・。人間の歩く登山道は整備されており、歩き易かったので、けっこうな登り坂だったが、ストレスなく、どんどん登って行けた。最初の山、ネーミングは「鬼ケ城」と派手だが、山頂は地味、あっさりと通過した。次に、白木山を目指すが、その途中には、新しい道路が出来つつあり、分岐が多かった。YamapのGPSで確認しながら進んだ。白木山頂上手前でようやく登山者とすれ違った、「どこから登った?」と言われ、「分からず、うーん、鬼ケ城の向こうから」と答えた。・・・恥ずかしい。

白木山山頂は一面芝生で、しかも広く、さすがは人気の山だと思った。山頂の神社を拝み。さーてと、芝生に腰をおろし、達成感に浸っていたが、「ヒエーお尻が冷たい!。」芝生の水分をお尻で吸い取ってしまった。日が当たる場所は渇いていたので、座り直し、食事を出した。あれまだ10時、腹も減っていないので、コーラを半分ほど飲み、食事は終了。

早速次へ進むぞ。確か正規の登山道途中からの分岐だったなあ。道を進みながら、気を付けて見ていたので分かったが、私の地元の山のような地味な手製のテープがあった。立派な標識ではないけれど、これ付ける手間を思うと、心の中で「ありがとうございます」と言う。以降、最後まで落ち葉が敷き詰められた林の中を進む事になる。道は、踏み跡などから、ここぞと思った方へ進んで行ったが、だいたい合っていたと思う。所々にテープや小さな標識もあり、アップダウンも少なく、基本、尾根を歩くと分かっているので、気持ちよく進んで行った。

と、突然、向こうから人が歩いて来られ、びっくりした。一般的な広い道ではないので、慣れた方だと思った。少しお話をさせて頂き、気持ちに弾みがついた。その後、すぐに大槌山に到着。この山頂は、白木山に次いで広い山頂でした。さらに、道のような尾根を歩き続けたが、なぜか何回も道から外れてしまい、YamapのGPSを細目に確認しなかったせいで、随分進んでから引き返す事になってしまった。それ以外は、危ない所もなく、下山まで多様な道を歩き続け、楽しかった。この稜線の道ですが、ちゃんと整備された道を好む方には、辛いかもしれません。足場が落ち葉なので、ふわふわした地面が好きな私には、もってこいの道でした。

何回か道を間違えたが、最後まで歩いて下山出来た。しいて言えば、最後ぐらいは正規の道から下山したかったが、まあ、いつもの事だ!。下山後、少し歩いて、自転車を置いた神社前へ到着。今度は自転車で、スタート地点に戻って来なくてはならない。ちょっと休憩しようと、地面に座ったら、腐った銀杏の上だった。香り高いお尻で、サドルに座ったので、もう他の人に自転車を取られる心配はなくなった。私は自転車で下る方を好むが、後で標高を確認したら、正解だった。

県道を、自転車でひた走り、時に足を止め、「あの上を歩いたんだ」って、感慨深く眺めた。天気も良く、遠景の山々がきれいに連なって見えた。ボロ自転車で相当がんばって、ようやく車を置いた河川敷に戻って来た。おー、車は無事だった。

さて、まだ14:30だ、歩いていない正面の登山道から登り直して見ようかと一瞬思ったが、二回も頂上なんて山に失礼だ。それに、朝早かったから少し眠いので、帰る事にした。途中、三次辺りで眠くなり、コンビニでアイスを食べ、眠気覚まし。帰りは高速(尾道道)を通って帰った。

*** 登山記録 ***

出雲  → 現地着  → 登山開始 → 白木山  → 下山  → 登山口へ戻る → 帰宅
4:00  6:30  8:00  10:00   13:30   14:40    17:00

「徒歩」 上深川(8時) → 白木山(10時) → 上三田(13時半)「徒歩:5時間半」

「距離」 Yamapの距離約 - タブレットの誤差 - 道迷い  = 本当の距離
      約20km     2km     1km    17kmぐらいかな

「自転車」 上三田登山口 → 上深川登山口
      距離、約12km  時間40分

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン