YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

大滝山(日高村)

くろさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

いの町

2016/01/18(月) 21:17

 更新

大滝山(日高村)

公開

活動情報

活動時期

2016/01/16(土) 13:13

2016/01/16(土) 15:51

アクセス:183人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,256m / 累積標高下り 2,251m
活動時間2:38
活動距離8.53km
高低差413m

写真

動画

道具リスト

文章

以前より気になっていた里山のひとつであり、YAMAPの皆さんからの情報が多く寄せられている日高村の大滝山への山行。

国道33号から日高総合運動公園方向に入り少し進むと、道沿いにしっかりした案内板があり、迷わず登山口に到着。

登山口からはまず階段を上がり、最初の展望公園へ。
そこからは一旦下り、分岐では44番鉄塔の案内を辿る。
44番鉄塔から45番に向かうと、道中大岩を経て、山頂、44、45、46番鉄塔の分岐に達する。
分岐からはまず山頂方向に進んで山頂広場で祠や景色を楽しみ、その後広場の奥の赤青テープに誘われるように四等三角点のある山頂に到達。
三角点からは山頂広場に戻る途中の分岐を三角点とは反対方向に行ってみると、大きな岩が数多く鎮座する場所に出たので、おそらく山姥の洞窟のあたりかと思い探してみたのだがよくわからず。
その後一度通った登山道に戻ろうとした途中で、胎内くぐりの祠を見つける。
とりあえずくぐって往復した後、祠の目の前の岩場を上まで登ってみると、ひょいと山頂広場の小さな鳥居の横に出ることができた。
山頂広場からは45番鉄塔のある大滝山公園、さらにその奥にある岩場に行き小休憩。
こちらの岩場からの景色は山頂広場よりも少し目線が低いのだが、電線が目に入らず、開けた景色を楽しめる。
帰りは護国寺のある九頭集落へ下山し、道中の花などを眺めながら登山口に戻った。

YAMAPの皆さんからの情報のおかげで、大滝山が想像以上に見所のある山であることがわかり、また非常に里山らしい里山でもあると感じた。






コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン