YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

東信濃の里山_2 大林山(氷澤山)

タダさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:20代終わりから始めた登山、早20年になります。
    最近は家族・家庭の事情で専ら日帰り山行のみです。なので、残り2泊3日の山旅2回で完登の信州百名山も、もう何年も足踏みしています。
    たまには泊まり山行したい!
    皆さんが「うらめしや〜」😓
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1966
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

子檀嶺岳

2016/05/03(火) 20:47

 更新

東信濃の里山_2 大林山(氷澤山)

公開

活動情報

活動時期

2016/01/17(日) 09:54

2016/01/17(日) 13:08

アクセス:192人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 701m / 累積標高下り 712m
活動時間3:14
活動距離6.12km
高低差524m

写真

動画

道具リスト

文章

東太郎山から移動し、本日2座目で、上山田温泉奥にあり、この山域の最高峰・大林山へ。
長野自動車道麻績I.C.へ抜ける坂上トンネル入口手前にある駐車スペースが登山口です。トンネルが開く前は四十八曲峠へ至るクネクネ道が通っていた道です。
一旦旧道に出てカーブの先左手「八頭山」への表示がある所が入山口になります。
稜線のポンポン平までは里山らしい急登の道を進みます。30分程で平坦地のポンポン平に。ここから右の八頭山へ向かいます。ここで従兄弟一行とバッタリ会う偶然。従兄弟たちは麓から岩井堂山越えの長行程だとか。別れた後、少々きついまっすぐな急登を行くと15分で八頭山山頂。残念ながら展望はありません。
この山は何度か来ていますが、動物の足跡が沢山見られ、イノシシが掘り返した跡も随所にありました。
ポンポン平まで戻り、大林山への穏やかな道を行きます。岩井堂分岐からは、右に巻く水平道を進むと、頂稜取り付きの保安林の標柱。ここから一気に高度上げ、山頂手前のピークを越えると山頂。
間伐されている山頂からは、東側の一部を除き、素晴らし展望が得られます。特に北アルプスはちょうど良い距離感で見渡せるので、個人的にお気に入りの展望台です。
下りは周遊の岩井堂山方面へ。風越との分岐から急斜面(凍結時はアイゼン必要な急坂です)を下り終えた辺りで、突如、20m先を右から左へ群れで駆け抜けていく7、8匹位の黒い集団!!デカイ、イノシシの群れ。
イノシシは何度か目にしていますが、今日の最後尾のものは、特大サイズで一瞬、クマ?かと見間違うサイズでした。

反射板分岐まで下り、後は左手派生尾根を降りて行くと、入山口付近の旧道下手に出ます。

デカイイノシシには驚きましたが、里山は里山で、いろいろ楽しめます。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン