YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雪無し。寂しい音羽山西尾根。

のりふりかけさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:週に1回は朝トレイルで大文字山に出没してます。それ以外は京都、滋賀の山を日帰り中心に登ってます。

    若い頃のようには登れませんが、同じ山でも季節や天気でいろいろな顔を見せてくれるのが、楽しくて今の山歩を楽しんでいます。

    どこかの山で見かけたら、気軽に声かけ合えたら良いですね。

    よろしくお願いいたします。
  • 活動エリア:滋賀, 京都
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1960
  • 出身地:京都
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

音羽山(京都・滋賀)

2016/01/17(日) 15:03

 更新

雪無し。寂しい音羽山西尾根。

公開

活動情報

活動時期

2016/01/17(日) 09:53

2016/01/17(日) 14:34

アクセス:232人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,413m / 累積標高下り 1,486m
活動時間4:41
活動距離9.32km
高低差568m
カロリー2189kcal

写真

動画

道具リスト

文章

音羽山を山科から登るコースは、車道を桜の馬場まで歩くのが一般的ですが、舗装された道を歩くのは好きじゃないので、鎌研ぎ橋から登りました。
ここからなら、少なくとも3コースはあります。
今回は、西尾根コースです。
第一鉄塔から急登が始まり、南西尾根と合流したら、山頂までなだらかな尾根になります。
下りは、牛尾観音から桜の馬場へ向かい、川を渡って行者ヵ森へ。
桜の馬場の橋を渡って谷すじの道を登ります。20分ほどで谷が大きく左に曲がるところにつきます。そこを右方向に向かいます。斜面をトラバースするように登ると、行者ヵ森へつづく尾根道に出ます。

行者ヵ森の手前のピークの左側をまき、道なりに進むと、薄暗い広い鞍部に到着。
ここから左の道を下りると、橘大学。今回は、下山に使用しました。
行者ヵ森へは、右の道を登ります。10〜15分で到着します。
あまり人がいかないところなので道は不鮮明です。マーキングはあるので、見落とさないように。山頂には、ケルンが積んでありました。
帰りは、鞍部まで戻り橘大学まで下りました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン