YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

景信山、城山、高尾山

せのさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:妻と息子が山の日生まれ。子供が歩けそうな山にはファミリーで登る二児(6歳と1歳)の父。栃木県宇都宮に生まれ幼少期から親父の山行、ハイキングで野山に親しむ。
    高校生からは音楽に目覚め、めっきりインドア派となり、親父のお誘いは適当にスルー。大学生、社会人になってからは年に2、3回、帰省するタイミングでお供する程度だったが子供が生まれピクニックやバーベキュー、キャンプ、ハイキングなどの外遊びを通じて、再び自然の美しさと厳しさに惹かれるている。

    山用テントも準備したところで、さてどこをどう歩こうか。ピークに拘らずお気に入りのトレイルを見つけたい。
  • 活動エリア:東京, 埼玉, 山梨
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1977
  • 出身地:栃木
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

高尾山・陣馬山・景信山

2016/03/12(土) 17:46

 更新

景信山、城山、高尾山

公開

活動情報

活動時期

2016/01/17(日) 09:20

2016/01/17(日) 16:20

アクセス:450人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 992m / 累積標高下り 1,092m
活動時間7:00
活動距離10.69km
高低差531m
カロリー3246kcal

写真

動画

道具リスト

文章

娘のリュックはお菓子だらけ。

高尾駅からのバスは長蛇の列。明日から雪の気配もあり、大勢が小仏峠行のバスに並ぶ。増発便も不足で出発が30分ほど遅れた。

小仏バス停からしばらく舗装路を登り、小仏峠の分岐で景信山を目指す。急登が一服し明るい暖かな尾根を進めば景信山山頂。途中二度ほどお菓子休憩。お菓子だらけでご満悦の様子。
山頂は団体さんが多く茶屋は予約席で大分埋まっていた。餅つきも二、三催されて賑やかだった。

端っこの方のテーブルをお借りしてカップ麺とおむすびを半分こ、小腹を満たす。バッヂはあるのかと尋ねられ、茶屋へ行くと3種類のバッヂが売られていた。自分で選びおばちゃんにお金を渡す。オツカイの練習。
どこを歩き回ってきたのか泥で重そうな娘の靴の泥を落としてから城山を目指す。

小仏峠までゆったり下り、タヌキを見つけて赤い実をお供え?していた。

団体のおじちゃんに何度か声をかけられる。「娘さんに遊んでもらっていいですねー。楽しいでしょー?いつまで遊んでもらえますかねー」

城山に着くとおじちゃんが薪割りをしていた。しばし見学。
トイレを借りて、ラムネとなめこ汁を注文。私はお湯を沸かし最中しるこでおやつの時間。
今日のお山は楽しいらしく、終始ご機嫌。お山にもレストランがあってトイレもあって。リュックのお菓子が全然減らない‼️と嬉しそう。
遠くに天狗👺を見つけて写真撮影。

最後の高尾山に登るか、巻いて下山するかで一悶着あったが、天狗を見て行くことにする。
もみじ台あたりで少し疲れを見せ始める。酸っぱい飴を持ってき忘れたらしくパワーがでないとのこと。ストックを使って電車ごっこしながら足を進める。

ビジターセンターで少しお遊びしてから、薬王院を通り下山。途中でこんにゃくも食べ、下で団子も食べ、食べまくりの裏高尾縦走だった。



コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン