YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雪の雲仙。もってるなー(о´∀`о)

あきひささん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:雲仙の麓で育った長崎っ子。
    藪漕ぎ上等!
    長崎藪漕会在席。
    元会長。現隊長。

    この籔を行けば
    どうなるものか
    危ぶむなかれ
    危ぶめば籔はなし
    踏み出せば
    その一足が
    籔となり
    その一足が
    籔となる
    迷わず行けよ
    行けばわかるさ

    いくぞー!
  • 活動エリア:長崎, 福岡, 大分
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1970
  • 出身地:長崎
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

雲仙岳・普賢岳・島原半島

2016/01/20(水) 23:54

 更新
長崎, 熊本

雪の雲仙。もってるなー(о´∀`о)

活動情報

活動時期

2016/01/20(水) 10:11

2016/01/20(水) 15:05

アクセス:1109人

タグ

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間4時間54分
  • 活動距離活動距離8.42km
  • 高低差高低差550m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,687m / 1,689m
  • スタート10:11
  • 36分
  • 仁田峠10:47 - 10:51 (4分)
  • 2時間15分
  • 雲仙岳13:06 - 13:22 (16分)
  • -
  • 普賢岳13:06 - 13:22 (16分)
  • 29分
  • 国見岳13:51 - 14:09 (18分)
  • 15分
  • 妙見岳14:24 - 14:27 (3分)
  • 19分
  • 仁田峠14:46 - 14:47 (1分)
  • 18分
  • ゴール15:05
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

火曜日に雪を伴った大寒波!そんで休日の今日はいい天気!
去年に引き続き、もってますなー!最高の雲仙を堪能してまいりました(о´∀`о)

そうそう!今日の靴はグランドキング!
先日の脊振の雪はトレランシューズでエライ目にあったのですが
さすがキャラバングランドキングGK10ケブラー!
もういちど言います、キャラバングランドキングGK10ケブラー!
モニターで頂いたから言うわけじゃないのですが(笑
膝まで埋まるほどの雪の中をガシガシ歩いても、全然冷えない。
ソックスは脊振縦走の時と同じものを履いていたのですが
いくらでも雪の中に埋もれていたくなっちゃいました。
まぁ、この靴で70kmの縦走をしようとは思いませんが。
なんでも適材適所なんですなー。

池の原駐車場までは、なんとかノーマルタイヤでいけました。
先客が10台ほど。10時すぎに入山します。
積もったばかりの雪はフカフカでアイゼンいらず。
池の原から仁田峠までの登山道は、石がゴロゴロころがっている
階段をひたすら歩く道なのですが、雪が積もると石が見えなくなって
非常に歩きにくい。足首をグキッとしないように慎重に歩きます。

仁田峠に着くと駐車場は雪がありません。
追いついた4人ほどのグループの方は妙見ルートからのぼるみたい。
僕はいつものごとくアザミ谷ルートから登り始めます。
すると、ここから先の雪上には足跡が全然ありません!みなさん妙見から
登ってるのでしょうか。一番乗りの新雪にワクワクしながら歩きます。

紅葉茶屋にも一番乗り。
今日はせっかくなので新道から普賢岳に登ります。

鬼人谷から先は、踏み痕があったのですが膝まで沈むほどの積雪がある場所もあり
雪山を満喫できます。通行止めが続いていた新道を、樹氷の時期に歩くのは初めて
なのですが、最高にキレイな登山道です。
とくに鳩穴別れ付近の眺めは、最高でした。
鳩穴別れから急登になるのですが、ピッケルがあれば楽そうだなーと思うほど何度も滑りながら登ります。
真っ白になっている平成新山を真近で眺める立岩の峰、霧氷沢を堪能して普賢岳に到着。
普段は1時間も掛からずに立つ普賢岳山頂に今日は3時間くらいかかっての登頂です。
ちょいちょい立ち止まって景色を眺めるので、異常に時間が掛かります。

あとは国見岳によって、妙見神社にお参りして下山です。
国見の岩場は結構スリリングな状態になっています。
普段なら何にも考えずに登るのですが、今日は3点支持を意識して登ります。
ここは、ただでさえ低く枝が邪魔をするのですが雪の重みでさらに低くお辞儀した枝が
邪魔をするので中腰で進みます。

これまた最高の景色の国見岳を堪能して妙見ルートで下山しました。

駐車場について気付くと、5時間ほどの山行で一滴の水すら口にしていませんでした。
車の脇に座り込んで遅いお昼ご飯を食べて、大満足の雲仙を後にしました(о´∀`о)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン