YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

信州百名山 入笠山 初めてのスノーハイク

tomoさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2015年5月から山歩きを始めました。
    子供の頃から毎日のように見てきた南アルプスを登るのがとりあえずの目標です。
    いずれは日本百名山制覇もできたらと夢に描いてます。
    YAMAPと出会い、皆さんの活動記録を参考にさせて頂いたり、楽しい日記を読ませて頂きモチベーションを上げています。

    これまでに登った山
    日本百名山 31/100
    富士山 3776m ②
    塩見岳 3052m
    仙丈ヶ岳 3033m ②
    乗鞍岳 3026m
    甲斐駒ケ岳 2967m
    木曽駒ヶ岳 2956m ②
    八ヶ岳連峰(赤岳)2899m
    空木岳 2864m
    白山 2702m
    金峰山 2599m
    日光白根山 2578m
    蓼科山 2531m
    荒島岳 2523m
    男体山 2486m
    甲武信ヶ岳 2475m
    火打山 2462m
    妙高山 2454m
    焼岳 2444m
    燧ヶ岳 2356m
    四阿山 2354m
    高妻山 2353m
    瑞牆山 2230m
    恵那山 2191m ④
    苗場山 2145m
    会津駒ヶ岳 2133m
    雲取山 2017m
    谷川岳 1977m
    巻機山 1967m
    両神山 1723m
    丹沢山 1567m
    天城山 1406m

    信州百名山
    塩見岳・仙丈ケ岳・甲斐駒ヶ岳・木曽駒ケ岳・空木岳・甲武信ヶ岳・焼岳・恵那山・大川入山・鬼面山・富士見台・南木曽岳・風越山・経ヶ岳・戸倉山・熊伏山・守屋山・入笠山/・蓼科山・乗鞍岳・小秀山/・四阿山/根子岳・高妻山・金峰山・天狗岳(八ケ岳)・苗場山 
  • 活動エリア:長野
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1959
  • 出身地:長野
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

入笠山

2016/01/23(土) 02:20

 更新

信州百名山 入笠山 初めてのスノーハイク

公開

活動情報

活動時期

2016/01/22(金) 09:21

2016/01/22(金) 14:03

アクセス:909人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 656m / 累積標高下り 682m
活動時間4:42
活動距離6.53km
高低差500m
カロリー1843kcal

写真

動画

道具リスト

文章

19日には飯田市でも5cm程の積雪がありました。寒さも増しやっと冬が来た感じです。
今週末も雪になりそうな天気予報です。
天気が良さそうなのは今日まで、雪が降ったら行こうと思ってた入笠山へ出かけました。
今回の目的は、初のスノーシューでの登山です。

7時 家を出発
飯田の雪はもう無くなっているんですが、北上するにつれて雪が増えてきます。
諏訪南インターを出るとそこは雪国です。昔良く行ったスキー場の近くの雰囲気を思い出しました。
まあ、今日も富士見パノラマスキー場の方向に向かってますけどね。
スキー場の分岐を過ぎ、どんどんと山へと入って行きます。
林道は除雪がしてありますが、アスファルトは見えてません全面真っ白で当然冬タイヤでないと登れません。

9時 沢入登山口駐車場に到着
駐車場も除雪がしてあり10台以上は止められます。トイレは冬季閉鎖です。
雪の様子を見に登山道へ行くと、雪は30cm位あります。駐車場からスノーシューを履いて行けそうです。
スノーシューを装着するのも初めてで、とりあえず履いて歩いてみることに。
歩くとパコパコ音がしてる、何かへん??よくよく見ると、靴の位置が前すぎてつま先が穴に上手く抜けず引っかかっていました。
靴の位置を直し、今度は大丈夫のようです。

9時25分 出発
登山道にはトレースがあり、先行者1名のようです。
新雪の上を歩くと、スノーシューでも20cm位沈みます。少しの坂なら滑らずに登ることもできます。
最初は面白いかったので、わざわざ端を歩いたりしてたんですが、これが結構足に負担があって直ぐに止めました。
先行者の足跡に足幅を合わせて歩くとかなり楽なので、トレースに感謝しながら登ります。

11時 入笠湿原 到着
鹿の食害防止の柵を超えると、木々がなくなり開けた場所にでます。
春夏には、沢山の花が見られる場所のようですが、今はスノーシューとスキーの遊び場になってます。
湿原の直ぐ上には、富士見パノラマのゴンドラ山頂駅があり、スノーハイクを楽しみに沢山の人が来ているようです。
しかし、今日は誰ももいませんでした。

11時20分  マナスル山荘前
今日のお昼ご飯はここで食べる予定です、その前に頂上まで行ってきます。
ここから少し道は急登になってきます。
頂上近くにくると、風が吹きだし結構な寒さを感じます。

12時 入笠山 1955m 到着
頂上は意外にも雪が全然ありません。おそらく、風の影響で雪が着かないのだと思います。
頂上は360度パノラマ、風をさえぎる木もまるっきりありません。
眺望は、良く富士山から始まり、八ヶ岳連峰、蓼科山、北アルプス方面、乗鞍岳、御嶽山、中央アルプス、南アルプス(甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳)が見えます。その他にも沢山の百名山が見えているそうです。
山頂に到着した時は誰もいなくて、山頂独り占め状態でしたが、女性が一人、そのあとにご夫婦が登ってこられてました。
ゴンドラでは富士山が見えていたと言っていたのでスキー場からこられた方達のようです。
ひとしきり写真も撮ったのでさっさと下山します。

12時20分 マナスル山荘
マキストーブとわんこが出迎えてくれました。
ソースカツ丼となめこ汁を注文すると、ソースカツ丼には味噌汁が付いているとのこと。
なめこ汁をキャンセルしてテーブルに付いてお茶を飲んでいると、これ待ってる間にと野沢菜漬けがでてきました。
さらに、ソースカツ丼の味噌汁がなめこ汁になっていたりとサービス満点でした。
壁に貼られたPOPをみていると、無料休憩所 ガス使用OKの文字が、暖かい場所を無料で開放してさらに持ち込みOKだなんて、心が広いと言おうか、太っ腹と言おうか、とても関心してしまいます。

13時 太っ腹の御主人に別れを告げ、帰ります。

14時5分 駐車場到着
道が無い場所でも歩けるのがスノーシュー一番の魅力、下りは脚力いらないので九十九折れをショートカットしたりして、かなり短時間で下りる事ができました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン