YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

新雪を歩こう!第三弾は男池〜

isoやんさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:膝の爆弾に加え今年から腰にも爆弾(ヘルニア)を抱える事に・・・



  • 活動エリア:福岡, 大分, 鳥取
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:福岡
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2016/01/22(金) 20:13

 更新
大分, 熊本

新雪を歩こう!第三弾は男池〜

活動情報

活動時期

2016/01/22(金) 10:52

2016/01/22(金) 15:46

ブックマークに追加

アクセス

498人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間4時間54分
  • 活動距離活動距離8.02km
  • 高低差高低差795m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り2,186m / 2,191m
  • スタート10:52
  • 2時間54分
  • 平治岳13:46 - 13:50 (4分)
  • 1時間56分
  • ゴール15:46

写真

動画

道具リスト

文章

いくつか候補が有ったのですがくじゅうに着くまで迷いながら決めた今日の取り付き口は男池!
駐車場に着いたのが10時半過ぎ、準備を整え11時ちょっと前に登山口を出発・・・

登山道にはトレース無し!大量の鹿の足跡だけが目立ちます。
しばらく進むと鹿の足跡は無くなり無数の小動物の足跡に!何故かその足跡は登山道の上に、ちょっと分かりずらい登山道も的確に捉えています。ベテランのトレースです(笑)
無数の小動物のトレースをなぞりながらソババッケに向かいます。(何か不思議なっ感じです)
でも、その中から単独でそれている足跡には要注意です・・そのままついて行くと多分そいつの巣にお邪魔する事になります(笑)

ソババッケを過ぎるとそれまで10センチ〜20センチだった積雪もだんだん厚みを増し小動物の足跡もなくなり、大戸越手前になると膝までは当たり前!太ももずっぽりでおしりまで付く程(足が短い人は要注意です)登山道はもちろんマーキングも雪で覆われかなり確認しずらい状態です。

大戸越まで相当時間もかかったので平治岳だけ登って下山しました。
たっぷりの積雪の中をガシガシ歩きたいなら大戸越周辺はおススメです!
牧ノ戸ルートなどでは味わえないMッ毛満載のルートです(^o^)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン