YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

フカフカの雪を歩く♪ in富士見台高原

赤きつ(赤狐緑狸麺通団)さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:基本ソロで歩いてますが、最近仲間と歩くことも多くなりました。
  • 活動エリア:愛知
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1967
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

恵那山・大判山・神坂山

2016/01/24(日) 10:04

 更新

フカフカの雪を歩く♪ in富士見台高原

公開

活動情報

活動時期

2016/01/23(土) 09:50

2016/01/23(土) 14:26

アクセス:319人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,267m / 累積標高下り 1,214m
活動時間4:36
活動距離11.21km
高低差795m
カロリー2485kcal

写真

動画

道具リスト

文章

1月も後半に入り、ようやく寒波がやってきた。先週降った雪を目当てにまたまた富士見台高原へGO!
天気予報では「曇りのち雪、午後から大寒波がやってくるので積雪にご注意を」と言ってます。
朝、スノーシューやらアイゼンやら用意していたら出発が遅れて神坂神社へ着いたのが⏰9時45分…昨夜のうちにやっときゃよかった…(。-_-。)
YAMAP起動して、歩き始めたのが10時。
歩き始めて間もなく雪が舞い始めた❄️周りの山もガスガスで見えません。
登山道には雪がしっかりありますが、よく踏まれているので背中の装備は今のところ出番無し🚶
萬岳荘手前2kmくらいから雪が深くなってきました。
よく踏まれた雪も先客が撤退したらしく2名の新しいトレースのみになった。このトレースを歩かせてもらますσ^_^;
萬岳荘手前1kmほどでその2名に追いついた。50代のカップルで富士見台高原までピストンの予定だったけど、この積雪で撤退するかもなんて話してました。
ここでカップルを追い越して まっさらな雪の登山道を歩くことになり、なんだかテンション上がる(≧∇≦)
で、ザックに取り付けてあったシューの登場 パパパ パッパ パー♪
萬岳荘まで、深い新雪もなんのそのですガシガシ進みます。
萬岳荘に到着。ザックがいっぱいデポしてあります。
この辺りはスノートレッキングのコースとなってるために富士見台まではシューで踏み固められた圧雪状態。
シュー要らねー、、なんて思いながらも履いたまま歩きます。
12人ほどのスノートレッキングされてる方々とすれ違い、雪は少ないけど富士見台まで雪はあるという情報もらった。
神坂小屋を過ぎ、富士見台に到着。
ガスガスで何にもみえないので、すぐに神坂小屋まで下ることに。
ここで簡単に水分補給と食事🍴
雪は深々と降り、積雪が増してます。気温も低くなり始めました。
じっとしてると、寒くて震えます☃️
やっべっぞw、早く下山しなきゃ💦

走るように下ると先ほどのパーティーが萬岳荘でお食事中、、この方たちはヘブンスのゴンドラで下山です。
萬岳荘越した途端、また深い雪に。
ラッセル車のごとく雪を跳ね除けて進みます。
すると、登りで抜いた50代のカップルと再会。男性の方が膝をいためたようです。萬岳荘までは500mほど、下山となると5km歩かなきゃなりません。今の時間と天候から見ても、萬岳荘まで頑張って、身体を休めたほうが良さそうです。
大丈夫と言うので、心配ですが、先に下ることにします。
積雪はさらに増して、登りにつけたトレースも薄くなってきました。
シューを履いてるのでこんな雪でもへっちゃらで走れます。
下りも距離の短いカラマツコースで一気に神坂神社へ下ります。
駐車場に到着。アスファルトの駐車場も一面真っ白に、、停めた車にもこんもりと雪が積もってました。
さらに雪は降り続き、帰路の国道153号も除雪が追いつかず、真っ白け。
ノロノロ走る車の列に混ざり、無事帰宅。
あのカップルの事が気掛かり(。-_-。)

お付き合いありがとうございましたm(_ _)m

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン