YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

霧氷祭りだ!ワッショイ (≧▽≦)

きむきむさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:会社の仲間と月に1回関西エリアの低山を中心にゆる~い山行や、近所をソロ山行しています。
    平成21年に近くの交野山(341m)から登り始め、最初は悪戦苦闘していましたが、今では年に1回は北アルプスでテン泊する様になりました。
    アスレチックなコースより、ボーッと自然の中を歩く方が好きかな~ (⌒‐⌒) 体力はないけど、ロングトレイルやミニアルプスも好き。
    初めて行かれる方にもわかりやすい様に色々日記に書いていたら、いつのまにやら大作になること多し。読みづらくてすいません (ToT)
    こんな日記ですが、少しでも皆様の参考になればとってもうれしいです。
    (o^―^o)ニコ
  • 活動エリア:大阪
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1970
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

三峰山(三重県・奈良県)・学能堂山

2016/01/24(日) 21:30

 更新

霧氷祭りだ!ワッショイ (≧▽≦)

公開

活動情報

活動時期

2016/01/23(土) 09:35

2016/01/23(土) 15:14

アクセス:674人

メンバー

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,017m / 累積標高下り 870m
活動時間5:39
活動距離8.98km
高低差705m
カロリー2728kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今回は、会社のサークルの一部メンバーで、かねてから計画していた三峰山に行ってきました (^_^)v
 同行者はYAMAPをアップしているKONIの他、(ここでの仮称)ブルーマン(パイセン、YAMAPはほぼ非公開)、(ここでの仮称)グリーンイエローマン(後輩、YAMAPなし)です(敬称略)。
この週から寒波の予想だったので雪を期待していったのですが、結果からいうと予想以上の大当たりでした \(^_^)/
当日は近鉄鶴橋駅でメンバーと集合、急行で近鉄榛原駅に向かいます(約45分)。
榛原駅に到着すると、大阪よりも寒く感じます。ここから霧氷号(バス)に乗る(片道1,350円)こと約1時間(バスの中で登山届を書きました)、みつえ青少年旅行村に到着しました。
 スパッツを装着していざ出発。三峰山登山口から雪があったので、ここでアイゼン(私は6本爪をチョイス)を装着しました。
 登山口から歩き始めて10分弱で登尾ルートと不動滝ルートの分岐です。ここで体力・脚力に不安のあるブルーマンと久々の雪山で慎重に行きたいグリーンイエローマンは登尾ルートで、KONIと私は不動滝ルートで分かれて、山小屋で合流することにしました。

 「登り(のルート選択に)は、見所のある不動滝コースを選ぶやんなぁ?もったいないよなぁ」
等と、うだうだ言いながら林道歩きをしていると、約15分で不動滝に向かうルートと林道の分岐にさしかかり、不動滝に向かいます。歩くこと約15分、鳥居を過ぎるとメインの不動滝です。落差約20mの瀑布とのこと。静かに、けど威厳がありますね。よい景色が見れました。心の中で感謝の合掌。
 ここからはつづら折りの急登が続きます。雪山なのに滝汗です。動くと暑いが止まると身体が冷えてやばい。こまめに体温調節と休憩をしながらゆっくり歩きます。こちらのコースはちゃんと踏み跡はありますが人は少な目。静かに落ち着いて歩くことができました。しかも久々の雪山だったので、私のテンションは異様にアゲアゲ⤴⤴ 自分でも怖い・・・(゜ロ゜;ノ)ノ

 不動滝から登ること約50分で集合場所の山小屋に到着しましたが、ブルーマン・グリーンイエローマンペアはまだ到着していません。小屋の中で暫く待つとようやく到着し、しばしの休憩(ブルーマンはオーバーヒート気味か、身体や頭からオーラの様な湯気が・・・)の後、山頂へと向かいます。
 ここから先は緩やかな坂で、雪景色を楽しみます。その頃の私は完全にクレイジーな状態で、親父ギャグとかラオウのポーズ連発!更にいちびってグリコのポーズ(バランス悪くて崩れver)までしてしまっている・・・こういう写真って後で冷静になって写真を見直しと結構恥ずかしい・・・(*ノωノ) 霧氷の写真とかをバシバシ撮りましたが、テンションマックスでちゃんと確認せずにシャッターを切っていたので、ボケボケ写真連発!アホやわ・・・ (*_*)
 という訳で?で、山小屋からゆっくり歩いて約30分で無事山頂に到着しました。1,235mの頂ですが、今日は何にも見えません。それでもよし (*´σー`)エヘヘ
 三角点にお触りするも、殆ど埋まってしまっています。まあ、ええか。
 お昼のよい時間ですので、山頂近くで新雪を踏み固めてスペースを作り、そこでお昼ご飯にします。
 今回私は気温に左右されにくいトランギアのアルコールバーナーをチョイスしました。風除けにバーゴのチタニウムヘキサゴンウッドストーブを使用すると中々の火力を発揮します。これにお湯を入れてヤカンで沸騰させると、意外と早くに沸騰しました(ガスに比べると遅いと思いますが、火力は安定していると思います)。
 一方KONIが用意したプリムスのバーナー(P-115だったかと)は点火しません。零度以下はあかんのですかね。私が持参したマッチで何とか点火することができました。
 じっとしていると身体が冷えてきます。KONIは足先が冷たい、との訴えでしたが、他の3名は大丈夫でした。これはスパッツの差(KONIはスパッツ未着用)かな? (*_*)

 食事を終えた一行は、八丁平に向かいます。ここで小雪がちらついてきました。やや心配。早めに下山したいところです。
 八丁平からの景色は見えないですが、一面雪の景色がきれいです。ひとしきりの景色を堪能すると、下山に取り掛かります。
 下山ルートは長い距離ながらも緩やかな新道ルートを選択します。意外と人が来ません。みんな登尾ルートで下山なのかな?
 新道ルートは静かでした。踏み跡はありますが、テープを確認しながら、また逐次地図や標識を見て慎重に進みます。
 いよいよブルーマンが遅れ始めました。最初は写真を撮りながらゆっくり下山しているのかと思いましたが、どうも足が動かないとのこと。脚力不足なのかペースダウン。慎重ながらも実は体力がありありのグリーンイエローマンがブルーマンについてバックアップします。
 私とKONIはルート確認のため先行しますが、KONIも遅れ気味。足が痛い、とのこと。今日はおNEWの靴。慣らしせずにいきなりとのこと。大丈夫? (*_*)
 八丁平から45分で新道峠の分岐に来ました。ここではみつえ青少年旅行村方面に下山を!!真っ直ぐ行くと高見山ですよ~  !!(゜ロ゜ノ)ノ
 獣よけネットを超えるとまた少し登り坂。ブルーマン辛そう・・・もう登り坂は無理、と言っていました (ToT)
 私はというと、登りの急登の時と違って、サクサク下山。とても快適でしたが、狭いところもあるのでご注意を。
 新道峠の分岐から約25分で林道に出ました。ここからは林道沿いにダラダラ下ること35分。みつえ青少年旅行村に到着しました \(^o^)/

 この日は三峰山霧氷まつりのイベントでおぜんざいのおふるまいがありました。もちろんgetですが、お餅は最後の一個・・・ここはもちろんみんなしてパイセンのブルーマンにお譲りしました。これで仕事の決裁はすんなり通るはず・・・ さてぜんざいですが、すんげ~甘くて、冷えて疲れた身体に最高でした。美味し~ (^^♪ 
 この勢いでこんにゃく煮を食べたり、お漬物とかのお土産もgetしました。

 帰りの霧氷号ではもちろん爆睡 (-.-)Zzz・・・・ 榛原駅からまた近鉄に乗りこむ際、ブルーマンのガラスの膝(いつもの黄金の左足でなくて今度は右足!)がとうとう完全崩壊し、痛々しい姿で電車に乗り込んでいました ( ;∀;)
 鶴橋駅でいつもの反省しない反省会を敢行し、ここで散会、帰路へとつきました。
 久々の雪山でテンションアゲアゲ⤴⤴の山行でした \(^o^)/
 
(今回の失敗)
 途中YAMAPで何度も自分の位置確認するも、自分の位置が出てこず。おかしいな、と思っていたら、軌跡が取れてなかった。GPSを起動せんかったかな?浮かれて起動し忘れ?なので、軌跡データは一緒に行動していたKONIのデータをダウンロードして流用(本人同意済)しています 。

 この日は、ログがとれていないこと以外、一片の悔いなし・・・(ラオウ風にどうぞ~♪) 

 それでは、またどこかの山で・・・(@^^)/~~~

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン