YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

ツボ足は辛いの巻

an(アン)さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:幼少の頃から釣り一筋で自然との対話を楽しんできましたが、2015年春渓流釣りの再開からYAMAPを知り、みんなの活動日記を見ているうち僕も山に登ってみたくなり始めました。
    元々写真が好きで、今では「写真を撮るための山行きスタイル」になっています。
    Toy's Member。岩手県大船渡市在住。
  • 活動エリア:岩手, 秋田
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:岩手
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

五葉山・愛染山

2016/01/24(日) 13:06

 更新

ツボ足は辛いの巻

公開

活動情報

活動時期

2016/01/24(日) 09:53

2016/01/24(日) 13:06

アクセス:723人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 405m / 累積標高下り 394m
活動時間3:13
活動距離1.99km
高低差189m
カロリー808kcal

写真

動画

道具リスト

文章

午後から晴れの穏やか予報であったため、超近くの五葉山へ散歩に行ってきました。

赤坂峠口までの県道は冬季閉鎖中なので、大船渡側のゲート前(横川橋)に車を止めた。
今から出発という山スキーの4人組が居て、その一人とちょっとだけお話をしまして、「一緒にどうですか?」と言うけれど、僕はツボ足なのでとても付いていける状況ではなかった。

雪は1/18に大船渡で積雪5cmを記録した日のものが大半であろうと思われ、表面はやや締まってはいたものの、すぐ下はサラサラ。
積雪深はおよそ40~50cmで、ルート上には踏み跡も無かった。
シーズン中なら多くの人たちが登山するのですが、さすがにゲートが閉鎖している今時期は、よほどの山好きでないと入山しないようです。


15分ほど遅れて山スキーの跡を追う。
しかし、こちらはツボ足。
スキーのトレース跡は、ツボ足にはなんら効果は無く、初めからラッセルを強いられた。

目標到達地点は4合目の畳石と思っていたが、ものの3分で心が折れた。
適当に行けるところまで・・・(笑)。


途中から、夏道(勾配は緩いが蛇行し距離がある)と冬道(尾根直登)とに分かれる。
冬道に、積雪直後あたりの踏み跡と鹿の踏み跡があり、迷わず冬道へ。
そして尾根に取りつく。

尾根筋は、積雪量が少なく鹿の食事場ともなっていて、鹿の足跡は無数にあった。

進むに連れて積雪量が多くなり、急登や藪っぽい場所も。
手頃に座れる石があったので、ここを今回のピークとなりました。
積雪深約50~60cm。

次回は、スノーシューデビューの予定(笑)。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン