YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

115年ぶりに奄美大島に雪が降った日の久住

SONOYANさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:自転車で鍛えた足と心肺機能だけを頼りに手探り状態で山登りを始めました。とりあえず九州のメジャーな山は制覇したです。
  • 活動エリア:大分
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:大分
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2016/01/29(金) 21:54

 更新

115年ぶりに奄美大島に雪が降った日の久住

公開

活動情報

活動時期

2016/01/24(日) 09:34

2016/01/24(日) 14:04

アクセス:320人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 920m / 累積標高下り 594m
活動時間4:29
活動距離8.77km
高低差393m
カロリー2304kcal

写真

動画

道具リスト

文章

通行止めを突破して、やまなみハイウエイ貸し切りラリー走行は最高に楽しかった。
中岳を目指したがホワイトアウト!御池で撤収。
濃厚な1日でした。

登山の詳細についてですが、失敗したのはアイウェアーは持っていたがゴーグルを持っていなかったことwww。先週は必要なかったけど登るにつれて、顔が凍りそうに痛い状態で防寒フェイスマスクをするとアイウェアーが曇り使い物にならない。まつ毛に霧氷できて、小雪が目に入るし前が見にくい状態があった。スマホの写真を撮ろうとグローブを外していたら、今まで経験したことのない新感覚の指先のしびれを感じました。ヒ~・・・ヤバイ、ヤバイと指を何度も握り血行を促進して何とか収まった。グローブはこれくらいの気温になるとアウターが入ります。(間に張るタイプのホッカイロを入れていたので下山までOKでした。)
強風が吹くと、パウダースノーが巻き上げられて全く見えません、正に視界0・・・この状態が続いたらと考えると恐ろしいです。
今回のような低温に数時間滞在したこと自体人生初でしたが、肌の露出した部分が痛いというのはあったが、意外と体全体が寒いとか感じなかった。小屋で休憩したとき、インナーから少し冷えを感じた程度でした。
牧ノ戸に下山したとき暖かさを感じました。-12℃なのに・・・
体が完全にマヒしている。
足なんて、雪の中のほうが暖かいでしょうから冷えはありませんでした。
少なくとも平成№1寒波の久住を体感できて満足でした。



コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン