YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

金剛山 登り 文殊尾(中尾根) 下り 伏見峠道(念仏坂)

pencilさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:山登りを始めたきっかけは富士山に登ろうと思ったこと。
    最初に登ったのは奈良県王寺町の明神山(274m)。その約5か月後に富士山登頂を果たして目標はクリア。

    山登りは最高点が基本と思っていて、富士山も剣ヶ峰とお鉢巡りが基本。山は昼間に登るもので、多くの人が行うご来光登山には興味なし。富士山も朝登って夕方下山が基本で、10回の登頂とメジャーの4登山道制覇を果たして富士山は5年前にとりあえず卒業です。

    富士登山の練習で登り始めた金剛山の回数登山に見事はまってしまい、現在は2017年3月の500回登頂を目指しています。最終目標は1000回ですが、これは実現するかどうかはかなり微妙です。
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

金剛山・二上山・大和葛城山

2016/01/25(月) 15:10

 更新

金剛山 登り 文殊尾(中尾根) 下り 伏見峠道(念仏坂)

公開

活動情報

活動時期

2016/01/25(月) 10:45

2016/01/25(月) 15:09

アクセス:215人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 736m / 累積標高下り 715m
活動時間4:24
活動距離7.46km
高低差507m

写真

動画

道具リスト

文章

前回は青空の下で日差しを浴びた霧氷を見ることができましたが、霧のために展望台から見た金剛山の霧氷がダメだったので、今日はそこを狙ってみました。

前回一番残念だったのは、帰宅して他の人の活動日記に展望台からのものすごい霧氷の写真(dateyaさん)が出ていたの見て、時刻を確認すると私が行った時間よりも1時間早かったことです。予定では1時間早い出発だったのにと言ってみても後の祭りです。

あそこまですごいのは無理でも、せめて真っ白な金剛山を見て、そしてできれば日差しを浴びたものと思い、今日は展望台は帰りに立ち寄ることにしました。

今日の天気は、大阪平野は晴れていても、金剛山の麓はかなりの曇天で、こういう日は午後2時を過ぎる頃から晴れることが多いことを経験しているので、それに賭けてみることにしました。

登りの文殊尾は3合目から早くも霧氷が見え始めて、思った通り非常に美しかったです。数秒間だけ日差しが当たることが2度あって、ちょうど写真を撮ることができました。

展望台に行くまで少し時間が余るようでしたので、本日は大日岳と湧出岳にも立ち寄りいつもの葛木神社と合わせて3つのピークを久しぶりに巡ってきました。

そして問題の展望台ですが、一の鳥居をくぐった時と湧出岳を降りて展望台の少し手前に来た時に少しだけ日差しがありましたが、展望台に登った時には日差しはありませんでした。それでも霧氷の金剛山の全景が見られたので今日の目標はクリアしましたが、まだ2時少し前だったので待ってみることにしました。

約20分後、予想した通りに太陽の周りの雲が完全になくなって強烈な日差しが山の斜面に降り注ぎました。今日は運が良かったです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン