YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

♪も~いっかい(一回)!♪難所が滝

karenさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:お山のてっぺんから見る景色はどんなだろう…と思ったのか、登山を始めるきっかけでした。そして、自分の足で頑張って歩かないと見ることのできない景色の素晴らしさを知ってしまってからは、山に足が向くようになってしまいました。
    低山をふらっと気ままに登るのが好きです。
  • 活動エリア:
  • 性別:女性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

宝満山・三郡山・若杉山

2016/01/26(火) 23:07

 更新

♪も~いっかい(一回)!♪難所が滝

公開

活動情報

活動時期

2016/01/25(月) 11:52

2016/01/25(月) 15:24

アクセス:387人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 495m / 累積標高下り 561m
活動時間3:32
活動距離5.35km
高低差493m

写真

動画

道具リスト

文章

25日(月曜日)仕事お休み。
土、日のみなさんの記録を見ていて、つららが大きくなっている写真がたくさん。
これは、行かなきゃ!
というわけで、先週に引き続き
も~いっかい!(大塚愛♪さくらんぼ♪のフレーズで)難所が滝。

私はタイヤチェーンを持っていないので、今回はバスで移動。
久しぶりにバスに乗りましたが、なかなか快適でした。

昭和の森の炊飯場(屋根があるため)で、ちょっと腹ごしらえをしてから、登り始めます。

平日だというのに、やはり人は多かったです。滝の一人占めをひそかに狙ってたのですが、
無理そうでした。

登山道を歩きながら、雪景色を楽しみながら、どこでアイゼンをつけるかを考えていました。
途中、アイゼン装着中の方がいらっしゃたので「そろそろつけたほうがいいですかね?}と尋ねていると、一人の男性が登ってこられました。そして、その方にも同じ質問をする私、
「僕はチェーンスパイクだから、ふもとからつけてますよ」と軽快にお返事。
颯爽と歩いて行かれました。
「あれ?ひょっとして・・・今の・・・」
私が難所が滝に着くころには、もういらっしゃらないだろうから、記録でご挨拶させていただくこうかなあ、と思いながら、進みました。

難所が滝に着くと、さっきの方が!
お声かけさせていただきました。初めまして。スローライフさん。
「karennです。ツチノコさんとよく登ってます」私の名前だけではわかってもらえそうにないので、とあるポーズで有名になってしまった師匠の名前を勝手に拝借する私でした。
ツチノコ師匠、ごめんなさい。

下山後、バス停でバスを待っていると、一人の女性が。kkさんでした。
バスを待っている間、いろんな話をして、とても楽しく過ごせました。
kkさん。ありがとうございました。

登山道、滝ともにすばらしかったです。
滝から流れる水を、冷たい空気と吹き抜ける風と雪で、作り上げられる氷柱。
全ての条件がそろって見ることができるもの。
そんな偶然に立ち会えたこと、いろいろな出会いがあったことに感謝した一日でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン