YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雪の小文字山 奇跡の青空

にっしーさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2015年11月より登山を始めました。
    まだまだ初心者ですがよろしくお願いします。

    雪の英彦山をメインに登っていて
    雪景色や季節の花の写真を撮っています。
  • 活動エリア:福岡, 大分, 大阪
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1970
  • 出身地:福岡
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

足立山・戸ノ上山

2016/02/21(日) 20:23

 更新

雪の小文字山 奇跡の青空

公開

活動情報

活動時期

2016/01/25(月) 13:50

2016/01/25(月) 17:55

アクセス:246人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,391m / 累積標高下り 1,374m
活動時間4:05
活動距離5.50km
高低差370m
カロリー1815kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今日はお昼から雪が強くなったので、雪の小文字山はどんな感じか見に行きました。
大粒の雪が舞い、山の方に近づくにつれ積雪量も多くなり、
自転車だったので身の危険感じ、途中で4本アイゼンを装着して自転車に乗っていました。
はっきり言って雪山登山より怖かったです。

登山ルートは学びの広場から登りました。
ここからの登りは楽なのでよく使います。

登っている途中に1人すれ違い、あっさりと山頂に着くと若い二人組みがラーメンを作っていました。
山頂の雪の深さは5cmくらいで、吹き溜まりで15cm、気温は-1℃でした。

今日は小文字山から足立山に向かい、真ん中付近で折り返す予定で行きました。
天気も悪くガスっていて、展望の写真もイマイチだったので
早々と小文字山を後にして縦走路に向かいました。

小文字山はイマイチだったのですが銃走路は15cmくらい雪が積もっており、
かなり楽しく歩けました

目的地の倒れた鉄塔の所まで来て写真を撮っている時に、
急に陽が射してきて、まさかの青空が出現!
これは大ラッキーって事で写真を撮りまくり、
寒さも忘れその場に45分ほど居ました。

その後は適当に散策をして小文字山に引き返しました。
山頂に戻ると陽が沈みだすこの寒空の中、誰も居るわけも無く
-1℃の風の強い山頂でパンと味噌汁を食しながら
流石に夕焼けは無理かな~と考えながら小1時間居座り、その後下山しました。

降りている途中で段々と暗くなり、もうちょっとで道に出るという所で
盛大に足首を捻ってしまう失態を演じてしまいました。
捻挫は最初冷やさないといけないとの事なんですが
アイスノンは常温状態だったので、仕方なく冷凍チャーハンで冷やしています。
冷凍チャーハン気持ちいい~

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン