YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

臘梅

もえさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:自然の美しさに、良さに魅了され…細々と全国津々浦々を巡って行けたらな、と思っております。本格的な登山はまだ経験したことはありませんが、いずれはチャレンジしてみたいとは思っております。

    初心者でソロで参戦することの方が多いですが…登山仲間も探しております。平日休みが多いので、平日行ける方。
    私の体力は全くありませんが!(笑)

    まだトレッキング始めたばかりなので、近場である関東の山を(トレッキングコース)を制していきたいと思っているところです。
  • 活動エリア:東京, 埼玉, 神奈川
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

宝登山・長瀞アルプス・不動山・陣見山・鐘撞堂山

2016/04/07(木) 14:43

 更新

臘梅

公開

活動情報

活動時期

2016/01/27(水) 10:57

2016/01/27(水) 13:08

アクセス:133人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 467m / 累積標高下り 165m
活動時間2:11
活動距離2.75km
高低差357m
カロリー1066kcal

写真

動画

道具リスト

文章

臘梅が満開、とのことで、雪が残る中長瀞へ。

本当は先週に行こうかと思っていましたが、その日は完全に雪だったので断念。晴れて、気温が上がるという本日に訪れました。

が、雪はまだ残っており…
軽アイゼンを持参してよかったです。
ただ、めちゃくちゃ防寒の格好で行ったのですが、案の定暑かったです(笑)
代謝がよく体格のいいわたしには、ゴアテックスはちょっと暑かったです。


下は、
c3fitのサポータータイツ?
登山靴下
ハリソンのレッグウォーマ
スーパーフィートの中敷
キャラバンのトレッキングシューズ

上は
速乾防寒?だっかのノースリーブのインナー
速乾性のスポーツ用のTシャツ
腕にはc3fitのサポーター
フェニックスの長袖パーカー
ユニクロのフリースのベスト(薄手の)
フォクスファイアのゴアテックスのジャケット

という防寒で行ったのですが、この日は、上着2枚はいらなかった。
むしろTシャツで行ける気がしました。


長瀞駅から宝登山へ。(蠟梅園)
本当は長瀞アルプスもと考えましたが、雪かきまったくしていないとのことだったので、諦めました。
長瀞のホームページでみました。


この時期は、熊谷から長瀞に秩父鉄道でむかうならば、長瀞フリーきっぷがお得なようです。
窓口のお姉さんが教えてくれました。

そして、いざ、長瀞へ。
雪でした。
びっくり。
まだ溶けてませんでした。


宝登山神社までは靴のみで大丈夫でしたが、
山道に入ると凍ってました。

日が当たるところは、ぐちゃぐちゃに溶けてましたが、日が当たらない場所は本当に氷。

初軽アイゼン。
家で試着したつもりが、いざ取り付けるとなると戸惑いました。

というか、道端でつけるのを余儀なくされたので、立ちながらつけたので、大変でした。

しかしすごいですねー。
モンベルの軽アイゼンだったのですが、8本の。
これつけただけで、ちゃんと地面に刺さるので歩きやすくなりました。

が、雪がないところの石のあるところ歩くのは躊躇しましたね。
ギリってすごい音しました。

ですが、すれ違うおじさんが、やはり軽アイゼンつけていたようなのですが
こんなのじゃ壊れないよ
などと言っていたのを聞いたので私も腹くくりました(笑)

道はそんなに険しくもなく、辛くもなかったです。
ロープウェイの駅から80分というハイキングコース。

うまくGPSが働いてくれてなかったので、軌跡が残せていませんが…(泣)

ハイキングというりよはちょっと辛くて、登山とはいえないような道。
ヒールとかでは論外ですが、そこまでのガッチリとした登山グッズはいらないかもです。


蠟梅園の蠟梅、満開でした。
咲き始めが香りがいいそうで、満開だったので、そこまですごい香りはしませんでしたが…
見事でした。
青空と雪と、蠟梅と。
綺麗でしたねー。

例年なら2月入ってから開花するようですが、今年は正月から温かかったので1月中に満開になってしまったようです。

山頂にて、蠟梅と界下を眺めながらのご飯。
おにぎり三個食べました。(食べ過ぎました…)

本当はこのまま長瀞アルプスまで足を伸ばしたかったのですが、雪山は体験したことがなかったので、下山。

下りは滑る気しかしなかったので、ロープウェイにて。

そして、長瀞駅まで徒歩で帰り、いざ電車に乗ろうかと思ったら過ぎ去った後。
長瀞から熊谷方面は、13時台、14時台は一時間に一本でした。

ただまってるのもかなしかったので、これはもう調べてちょっと乗りたいと思っていた、こたつ舟に乗るしかない、と乗船。

こたつでした。
足は伸ばせませんでしたが。

船頭さんが面白い人で、乗ってよかった!

どうやら、長瀞という地名は、
瀞、つまり川の流れがとろとろと遅いのが特徴的で、それが続いて長くなっているので、長瀞、と名がついたようです。
で、長瀞で有名なのは、石。

普通は地中深くにある石の層が、長瀞は地殻変動にてそれがめにできる、とのこと。
たしかに筋が刻まれたよつな岩壁でしたね。
美しかった。

長瀞は雪が降ってもすぐに溶けてしまうようですが、今年は寒さのせいで解けなかったようで、雪化粧の岩をみれました!素敵!
氷柱があるところもありました!

それをきいたらやっぱり長瀞アルプスの方の氷池までいけばよかったのかな、と悩みましたが、でもそうするとこたつ舟には乗れないわけで…
観光地は逃げないので、またこんど訪れようと思います。


総合的になかなか面白い旅になりました。
今度は桜の時期だったりに

野上駅から長瀞アルプスを経て宝登山、それから今度はライン下りをするコースで訪れたいですね。

ちなみに、ライン下りは紅葉も素敵なようです。

最後の写真は、そば粉のたい焼き。味噌餡が美味しかったです!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン