YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

津久井城山

あにーさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:神奈川県の山々及びハイキングコースを歩こうと思います。地元の大山にもたくさんの方々に来ていただいたいと思います。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1958
  • 出身地:
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

多摩・湘南

2016/02/06(土) 13:06

 更新

津久井城山

公開

活動情報

活動時期

2016/01/28(木) 09:29

2016/01/28(木) 12:01

アクセス:176人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 331m / 累積標高下り 311m
活動時間2:32
活動距離4.46km
高低差251m

写真

動画

道具リスト

文章

冬期休暇を利用し、雪がないであろう低山の津久井城山に向かい津久井湖観光センターの駐車場に停めて見上げると
結構雪が残っていたが、行けるところまで行くつもりで出発。観光マップをダウンロードして持っていると番号看板が至る所にあるので自分の居場所を確認する意味でも良いですよ。桜の小道から四季の広場までは氷道化したアスファルトの道を進む。ここから土道を御屋敷、展望広場を通り(丹沢方面の山並み見えます)25分位上がっていくと分岐点に出て太鼓曲輪、引橋跡を過ぎると、堀切に出る。こちらからは橋本市街からスカイツリー迄霞んでいるが望むことが出来る。
山頂はこの上で雪に覆われており、ここには昔築井城が築かれていた石碑が残っている。来た道を戻り、飯縄神社へ行くが鳥居が倒れており、近づけないため遠目で参拝。宝ヶ池、焼失してしまった大杉を過ぎ、観光センターへ戻る前に横道に外れ、鷹射場迄足を延ばしたが正解。ここはベンチも5ヶ所位あり、景色もスカイツリーから横浜方面まで広い景色を望むことが出来る。ここで休憩を取り、ここから下り始めるが、氷道が多々残り足場を気遣いながら下りていく。下まで下りた時、雪の為通行止めで立入禁止になっていた。鎖またぎ観光センターに戻り、車に乗り下九沢の湯楽の里でひとっ風呂浴びて帰路についた。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン