YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

2016 BC_SKI 根子岳

くりぞ!さん

  • マイスター  シルバー
  • 自己紹介:未記入
  • ユーザーID:81492
    性別:男性
    生まれ年:
    活動エリア:長野, 神奈川, 東京
    出身地:
    経験年数:公開しない
    レベル:公開しない
  • その他 その他

四阿山・根子岳

2016/02/02(火) 00:33

 更新
群馬, 長野

2016 BC_SKI 根子岳

活動情報

活動時期

2016/01/30(土) 08:54

2016/01/30(土) 12:45

ブックマークに追加

アクセス

255人

文章

菅平スキー場、奥ダボスゲレンデ脇をAM9:00頃に歩き出し、ラクビー場を越えた所から右に進み
リフト降り場まで進みました。
いつもなら、スノーキャットがエンジンを鳴らして待機しているのですが、雪不足で運休していて
静かでした。
前日、関東方面は雨となり、信州に近づくにつれて雪に変わりましたが、菅平界隈はそれほどの積雪は無く
新雪は期待できない状況でした。
後から聞いた話では、2日前に雨が降ったらしく、雪面は凍りついていてストックが刺さらないほど硬くなっていました。
今回は、ソロでの登攀。
雪不足で、他に歩いている人は1人だけ。。。
トレースも、あるような無いような。。。
風が強い根子岳ですが、この日は無風に近い状態で、汗が噴出す始末!!
途中、温度調節のため中のフリースを脱いだり、ジャケットのファスナーを開けたりしながら登り続けました。
避難小屋を超えたあたりから、笹や草の上に積もった雪がモナカ状に凍っている場所が多く出てきて、
帰りに滑る際に、注意が必要であることばかり考えるようになっていました。
上に進むにつれ、硬い場所と柔らかいモナカ上の場所が入り乱れ、スキーをする上では最悪な条件であることは
間違い無いことを確信しました。
1週間前に登ったという人のブログに掲載された写真では、木々はモンスターに成長しつつありましたが、
既にその様子は無く、雪を少しかぶった木に変貌をとげ、景観はつまらないものとなっていたのが残念でした。
それでも、北アルプスの山々を眺めることが出来て少し救われました。
写真を撮りながらゆっくり登り、頂上直下の森でチョッとしたトラブルに見舞われながらも、
AM11:30過ぎに頂上に到着しました。
祠にお賽銭を入れ、無事登頂のお礼と、家族のためにお祈りをして下山の準備を始めました。
シールを剥がし、ビンディングをロック!
さぁ、ドロップイン!!
っが、雪というよりスケートリンク。。。エッジも効かない状況。
いきなり出現するブッシュ!岩!岩!!雪が無い。
そんな感じなので、見通せないルートは避けて、降りられそうなルートを模索しながらの
下山となりました。
気を張りながらコースを取り、およそ15分足らずでリフト乗り場まで降りてきました。
これまでで、一番つまらない、そして肝を冷やしたスキー登山となりました。


軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間3時間45分
  • 活動距離活動距離8.20km
  • 高低差高低差723m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り776m / 664m
  • スタート08:54
  • 1時間13分
  • 避難小屋10:07 - 10:10 (3分)
  • 1時間32分
  • 根子岳11:42 - 12:17 (35分)
  • 28分
  • ゴール12:45
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン