YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

今日は川久保渓谷から水声の道を経てポンポン山へ

山のオッサンさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1945
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

ポンポン山(京都府)・釈迦岳・小塩山

2016/07/27(水) 12:20

 更新
大阪, 京都

今日は川久保渓谷から水声の道を経てポンポン山へ

活動情報

活動時期

2016/01/31(日) 08:14

2016/01/31(日) 11:36

ブックマークに追加

アクセス

176人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間3時間22分
  • 活動距離活動距離10.80km
  • 高低差高低差386m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,333m / 1,328m
  • スタート08:14
  • 1時間50分
  • ポンポン山10:04 - 10:18 (14分)
  • 1時間18分
  • ゴール11:36

写真

動画

道具リスト

文章

週に一度のポンポン山ですが、今日はいつもの川久保尾根コース(登山口からの初っ端がきつい)ではなく、川久保渓谷コースから水声の道を通ってポンポン山に登りました。というのも、先日の大黒山のスノーシューの時に右足を少し捻挫気味に痛めたようだったのが、ここにきて膝や足首あたりの痛みが増してきたので緩い勾配の道を歩こうと思ったためです。久し振りの川久保渓谷コースをのんびり歩いていたせいか、水声の道への分岐点をうっかり通り過ぎてしまって砂防ダムまで来て気付く始末でした。引き返し水声の道に入りましたが、ここでビックリ。以前水声の道を下った時、年配の方(見受けたところ70代後半か)が登山道の整備でベンチを作っておられましたが、今回来てみると登山道の至る所に手が加えられており、山の自然さがすっかりなくなっていました。「良かれ」と善意でしておられると思いますが、ここまで手を加えられると「ちょっとねー」と感じた次第です。賛否両論あると思いますが・・・。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン