YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

ジャム勝山でのシーズンイン

やまたいらさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

取立山・大長山

2016/02/06(土) 11:24

 更新

ジャム勝山でのシーズンイン

公開

活動情報

活動時期

2016/01/31(日) 07:26

2016/01/31(日) 15:55

アクセス:165人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 7,015m / 累積標高下り 7,011m
活動時間8:29
活動距離51.85km
高低差740m

写真

動画

道具リスト

文章

記録的な暖冬なのに、沖縄まで包むような大規模な寒波到来するなどで、なかなか機会に恵まれなかったスキー。この度ようやくシーズンインを果たす。

ジャム勝山、オープン直後のフラットバーンを滑降すべく、バラエティーサイト クアッドリフトゲート前の列に加わり、トラックイン。7:30リフト稼働開始。快晴の中、心地よい風を受けながら高度を上げて行く。リフトを乗り継ぎ、ファタジーサイト最頂部へ。ゲレンデは法恩山の影の中、対面の山並みと下界は朝日に染まる。日を背にした逆モルゲンロートいうべき現象である。
絶景を焼き付け、いよいよシーズン初滑走。前々日の雨が染みて固まったファタジーサイトハードバーンを風を切り裂き駆け降りる。
身体は自然に動く。安堵を伴った満足感に浸されるのもシーズン初滑走だからこそ。
イリュージョンサイトに向かい、リフト降り場から奥に軽くつぼ足で登り、白山方面を臨む。次に法恩山頂から勝山市内を眺望。雪景色展望はここまでとし、待ち受ける北斜面のさらにハードなバーンに臨む。イリュージョンBコースのナチュラルモーグル、エクストリームコースオフピステ、全てが凍り付き、来るものを拒む。
お昼過ぎには少し緩むものの、厳しい条件が続く。
日が傾くと、雲の隙間から光芒が射し、天使のはしごが現れる。
リフト終了前にトラックアウト。

初滑りにとっては、あまりにハードなバーン。跳ね返さながらもなんとか怪我なく過ごす事ができました。翌日以降には筋肉痛になやまされましたが。。。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン