YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

上谷山

テントレックさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:地図を探していてこのサイトにたどりつきました。
    一年通じて、山歩き、岩登り、沢登り、山スキー(テレマーク)、シーカヤックなど自然の旅を楽しんでいます。依頼があればガイドもします。http://www.tentrek.net/
  • 活動エリア:鳥取
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:ガイド
  • その他 その他

夜叉ヶ池山

2016/04/11(月) 00:20

 更新

上谷山

公開

活動情報

活動時期

2016/02/02(火) 07:55

2016/02/02(火) 19:09

アクセス:389人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,127m / 累積標高下り 2,319m
活動時間11:14
活動距離13.22km
高低差986m
カロリー5338kcal

写真

動画

道具リスト

文章

兵庫県下の山は雪が少なくて山スキーが楽しめません。
ということで、滋賀、福井県境の豪雪地帯まで出かけてきたのですが・・・・・。

広野の浄水場から手倉尾根を上谷山へと登り、橋立尾根を滑って最後は浄水場へと伸びる枝尾根を下りました。メンバーは私を含めて4人。手倉山を越えて行きますが、雪の重みでたわんだ木々や押さえきれない小枝が道を邪魔します。
JP(ジャンクションピーク)の雪庇も小さく、その下はもう底雪崩で地肌が出る有様でした。

2時前上谷山の頂上へ立ちました。左手に琵琶湖、右手には敦賀湾が見えるという風景が私にはとても新鮮でした。

シールをはずして下りにかかったのですが、橋立尾根のJPまでは灌木に悩まされ、たまらずショートカットした北東面の斜面では急勾配に苦しめられました。それでも橋立尾根の中間部は滑るのに十分な雪面になっており、林道も通じていました。この区間も藪だったらきっとビバークになっていたでしょう。
林道が標高800m辺りで消えると再びの藪。地図を読んで最短の枝尾根をコースとしましたが、最後はスキーをあきらめシートラーゲンしてツボ足で下りました。足はもぐる、板は木々にかかるで散々でした。ヘッデンを点して行く我々には、橋立の村の明かりが励ましに思えたのです。車道へ出たのは7時。車道脇の街灯が温かく迎えてくれました。

今シーズンは、まだまともに山を滑っていません。このまま春になっていくのでしょうか。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン