YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

高安山から天川道・恩智信貴越・信貴越(黒谷道)の探索

ふぁんトントさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:生駒山系を中心に低山徘徊を楽しんでいます。古道、廃道、鉄塔巡視路など人の少ないところを好む傾向があるようです。

    生駒山系ローカルガイドのモデレーターを務めています。
    https://goo.gl/CkXGyk

    Facebookページ
    http://fb.me/2015juantonto

    Google StreetView|Trusted Photographer
    https://goo.gl/6Frrdj
  • 活動エリア:大阪, 奈良, 京都
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:大阪
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

生駒山・神津嶽・大原山

2016/02/04(木) 11:15

 更新

高安山から天川道・恩智信貴越・信貴越(黒谷道)の探索

公開

活動情報

活動時期

2016/02/03(水) 10:57

2016/02/03(水) 15:09

アクセス:740人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,360m / 累積標高下り 1,715m
活動時間4:12
活動距離7.64km
高低差408m
カロリー2350kcal

写真

動画

道具リスト

文章

高安山へは信貴山口駅から鉢伏道でアプローチしました。このルートは昨年紹介したので、今回は割愛しました。

資料によると、恩智神社から大谷川の源流部をさかのぼる「天川道」は大正元年頃に通じた道で、天川山の山頂部にあったとされる天川神社は恩智神社の奥宮と伝わっています。今回、沢側から急斜面をよじ登って天川山に到達。道はありませんので、草や木の根っこを掴んで、必死で登りました。山頂に着くと昭和54年に建立された石碑が立っていました。石碑の裏から尾根道が現在のハイキングコースに通じており、今も訪問される方がおられるようです。

帰路はハイキング道の東屋から分岐する恩智信貴越のルートをチョイス。このルートは明治18年の地図にも掲載されており、恐らく江戸期から使われている旧道でありながら、現在の地形図には掲載されておりません。定期的に草刈りや崩落箇所の修復がなされており、気持ちのイイ山歩きが楽しめます。

今回歩いたコースで8か所で全天球パノラマ写真を撮影しました。特に天川山の神社跡地は訪問者が少ないので、グーグルマップでお楽しみいただければと思います。

※全天球パノラマはPC版グーグルマップでストリートビューを見る要領でご覧いただけます。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン