YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

ちょっくら、塔まで。

こばいあさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:膝のリハビリとして、登山を始めて一年経過したのですが、写真撮る以外は何にも記録してないので、始めました。
    活動は丹沢中心にトレランしてます。トレランと言っても歩くより行動範囲が広いから走ってるみたいな感じで、こだわりはあんまりありません。
    得意技は山行終了直後にビール飲める計画をたてることです。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1976
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

丹沢山

2016/02/05(金) 13:48

 更新

ちょっくら、塔まで。

公開

活動情報

活動時期

2016/02/05(金) 06:39

2016/02/05(金) 10:57

アクセス:228人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,996m / 累積標高下り 2,006m
活動時間4:18
活動距離13.53km
高低差1,206m

写真

動画

道具リスト

文章

半休とったから、嫁に江戸っ子チックに『ちょっくら、塔まで行ってくらぁ。』と銭湯にでも行く感じで、言い残して早朝出発。
今回のお目当ては31日に着氷した雨氷と霧氷見たさにバカ尾根から塔ノ岳、時間に余裕があれば三の塔、牛首経由で下山。
しかし、11時に下山がリミットなのに1時間程寝坊してしまい、塔ノ岳ピストンに予定変更。

大倉 ~ 堀山の家
ほぼ、夜明けと共に出発。
マラソンのトレーニングの疲れが抜けていないので、膝裏から腿にかけて痛みがあり、スピードが上がらないが、天気は良いので、テンションは高め。
二人しかすれ違わなかった静かなバカ尾根を黙々と登る。出会った二人の内一人はチャンピオン。元気と名刺を頂く。

堀山の家 ~ 塔ノ岳山頂
花立山荘あたりから雪が多くなるが、締まっていて滑る感じでは無いので、ノーアイゼンで行ってみることにする。
金冷し手前から、トゲトゲの枝に雨氷がちらほら見れる。
山頂直下では殆どの木に厚い氷が張り付いていて、氷が日光に反射してキラッキラッやんけ。写真じゃ伝わりにくいが、まるで宝石みたいじゃ。クリスタルや、クリスタァァァルッ!!と熱く絶叫したかったが、山頂の方々に気がふれていると思われること必定故に自粛。
山頂到着時は5人程人が居たが、ヌコ様と戯れてる間に貸し切りになったので、ベンチの氷をベリベリ剥がしたり、氷柱を突き刺したりして遊ぶ。
天気良いので、富士様も全貌をどどーんと見せつけてる。

塔ノ岳山頂 ~ 大倉
結局、アイゼン使わずにずっこけることなく降りる。久々のバカ尾根下りは、膝の痛みもあり辛かったぁ。

総評。
午前中しか行動時間がなかったけど、雨氷を拝めてほんとに良かった。霧氷は丹沢で良く見るけど、雨氷は珍しいような気がするんだなぁ。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン