YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

六甲全山縦走路真ん中約1/3

さむ@ダンボーすき~さん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:富士山に登ることを決めて2014年6月から登山を始めました。
    そして2014年8月28日、29日に富士山に登りました。

    富士山に登ってからも登山熱は冷めることなく続いているので、どうやらすっかり登山の魅力にはまったようです^^
    まだまだ素人ではありますがこれからもどんどん山に登っていこうと思いますので、私の登山記録も役に立てば幸いです。

    今はソロでやってますが、登山仲間も出来たらいいな〜と思ってます。

    登山以外は普段はカフェ巡りしてることが多いです。
    あとは漫画とか好きです(^∇^)

    どうぞ皆さんよろしくお願いします。

    ※2015年11月23日六甲全山縦走大会完走出来ました^^
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1983
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

六甲山・長峰山・摩耶山

2014/09/18(木) 16:11

 更新

六甲全山縦走路真ん中約1/3

公開

活動情報

活動時期

2014/09/13(土) 06:52

2014/09/13(土) 14:36

アクセス:481人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,874m / 累積標高下り 2,970m
活動時間7:44
活動距離16.03km
高低差672m

写真

動画

道具リスト

文章

六甲全山縦走路の今回は真ん中約1/3を行ってきました。
ルート
神戸電鉄鵯越駅~菊水山~鍋蓋山~市ケ原~天狗道~摩耶山掬星台~篠原温泉

今回は最初のスタート地点でちょっと道に迷いましたが、それ以外は特に迷わないわかりやすいルートでした。
スタートの鵯越駅を出て、最初は普通の道路を少し進みますが六甲全山縦走路の地図を見るとどうも違う気がして引き換えし駅周辺を調べると駅の東側線路沿いに細い道があり、そこが縦走路の入り口でした。
そこから縦走路に入っていくと基本的に一本道でちょっとした分かれ道には必ず標識があるのでまず迷うことはないですね。
川の横を進んで行くので、水の音が聞こえ風もあったので心地よくあるくことが出来ました。
ただ、一部台風と雨の影響で道が崩落してて、歩きにくくなってる場所があったので注意です。
気を付けて進めば全く問題ありませんけれど。

菊水山に向かう途中KIKUSUIBASEというカフェがありましたが、早朝なので開いてませんでした。
囲碁や将棋でマスターに勝ったら飲食代50%オフと書かれてたのでちょっと気になります。

そうして進んで行くと六甲全山縦走路休憩所と書かれた場所があり、ベンチがありました。
その奥に階段があり、そこから菊水山頂上に向かってはひたすら階段が続くのでここで一度休んでから登るのをオススメします。
この日は晴れていて菊水山頂上からの景色はすごく良かったです。
遠くまで見えて、明石海峡大橋や淡路島もしっかり見えました^^

続いて鍋蓋山に向かっていきます。
鍋蓋山に行く途中貯水池というか小さなダムというかがあって、その横を通るのですが柵もなく、道も細く池に簡単に落ちてしまう場所があったので歩くときは注意してくださいね。
そこも抜けて少し進むと天吊橋があります。
この橋を渡るときが今回たぶん一番テンション上がってました(笑)
普段あまり渡ることのないタイプの橋なので、冒険している気分になって楽しいです。

橋を渡るとあとは山道を登っていき、鍋蓋山頂上に到着です。
菊水山より鍋蓋山のほうが標高少しだけ高いんですね。
今日は天気が良かったので、どこからの景色もすごく良かったです。

続いて本日最後の目的地摩耶山に向かって進みます。
鍋蓋山を下りて進んでる途中に大龍寺がありますが、大龍寺の手前は三つ道が分かれてますが、最終的に合流するのでどの道を選んでも大丈夫です。

桜茶屋手前に川があったので、そこで少し休憩してダンボーの写真をぱしゃり。
そこから桜茶屋のある場所を左に進み(トイレのある側)天狗道へと入ります。

途中で摩耶山に向かうルートとトエンティクロスと呼ばれるルートに分かれる道がありましたが、トエンティクロスは台風と連日のゲリラ豪雨の影響で通行止めとの看板が立ってましたので、行かれる予定のある人は注意してくださいね。

天狗道は階段、坂道、岩場、なだらかな道と色々ありましたが比較的歩きやすい道だったと思います。
実際トレイルランニングされている方々が沢山走ってましたし、走りやすくもあるんだと思います^^
家族で小さいお子さん連れて歩いてる方や、ワンちゃん(ダックスフント)を鞄にいれて岩場を登ってる人とかもいました。

そうして特にトラブルもなく、摩耶山の掬星台に到着。
頂上にたこ焼き屋の屋台が出てたのでたこ焼きとフランクフルト食べて飲み物飲んで休憩。
展望台でしばらく景色を見ていたら、快晴で日差しが心地よく風は冷たくて気持ちよかったのでしばらく日向ぼっこ。
気づいたら1時間ほど経っててびっくりしました(笑)

そこから下山、まえにナイトトレッキングで摩耶山に登った時は上野道を通りましたが、今回はあらかじめ調べていた温泉に近いところに出るルートということで、山寺尾根から下山しました。
山寺尾根はあんまり人が通らないルートみたいですね。
ここに来るまでは沢山の人とすれ違いましたが、この山寺尾根だけは全く人と会いませんでした。
少し急な坂道が続き、道もあまり踏み固められていないので滑りやすい印象でした。
あと途中倒木があって、倒木の下をくぐらなきゃいけないスリリングなところもあったりと、今回一番緊張感があった道でもありました。
特に目的がないなら、摩耶山を登る時は上野道を通った方がいいと思います。

そうして1時間ほどかけて下山し、目的の篠原温泉に到着。
温泉に入ってゆっくりして今回は終了です。
温泉は良かったですが、ゆっくりできるスペースがあまりない温泉だったのはちょっと残念でした。

今回のルート全体の感想としては、六甲全山縦走路の前半1/3のルートでは街の中を歩くポイントもあるのですが、今回はスタートしたらあとはずっと山の中という印象でした。
でも比較的歩きやすい道が多く、トレイルランニングされる方々はこのルート良いのではないでしょうか。
また、階段、岩場、小川を横切る、橋を渡る、穏やかな道もある山の道のほとんどのバリエーションがあるようなイメージなので、飽きることなく歩ける良いルートだと思います^^
注意点としてはあまりトイレがないルートなので、トイレは行けるときに確実に行くようにした方がいいです。

今回の反省点。
スタートの駅に着いてから朝食と行動食を買おうと思ってたのですが、鵯越駅の周りはコンビニなどは何もありませんでした。
そのため、家から持ってきてた飲み物だけでスタートすることになり、結局掬星台につくまで何も食べることのないまま歩きました。
結果として正直最後のほうはエネルギー切れでヘロヘロになってましたし、飲み物も途中でなくなり最後は危なかったです。
掬星台で1時間も休憩してたのはそのせいもあると思います。
でもそのおかげで屋台のたこ焼きとフランクフルトがすごくおいしかった(笑)
次回からは、家の最寄り駅のコンビニとかでスタート地点に行く前にあらかじめ食べ物準備した上で登山に向かおうと思います。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン