YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

時間軸では計れない変態の遊び(湯の丸山)旧鹿沢温泉ルートBC

fumiさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:東京
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1968
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

浅間山・篭ノ登山・湯ノ丸山

2016/02/12(金) 16:55

 更新

時間軸では計れない変態の遊び(湯の丸山)旧鹿沢温泉ルートBC

公開

活動情報

活動時期

2016/02/06(土) 08:03

2016/02/06(土) 11:56

アクセス:115人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 800m / 累積標高下り 823m
活動時間3:53
活動距離6.15km
高低差588m
カロリー1607kcal

写真

動画

道具リスト

文章

2/6(土)

今年初のBCへ・・・

去年は借り物の道具で滑っていたが、今年は全てを新調したわーい(嬉しい顔)
何回行けるか判らないが、やはり、何事も自分の道具でやることは大事だと思う

慣れや、愛着などなど・・・
だが出費が痛かった涙

今回は去年もお世話になった山先輩の別荘を起点にBC

今回は総勢5名
BC組3名と登山組2名

翌朝、登山組は蓼科山へ・・・   BC組は湯の丸山へ・・・

湯の丸高原スキー場を目指す。。
去年はスキー場のゲレンデトップから歩き、湯の丸山の山頂から地蔵峠へ下った。

今回はさらに先に進み群馬県側の旧鹿沢温泉から登る

温泉紅葉館駐車場に車を停めて
身支度を済ませて登山口へ・・・

ボード2名のスキー1名の平均年齢42歳のオッサン3人組あせあせおいらが平均をかなり上げているのは否めない

スキーはシール登行、ボーダーはスノーシューで・・・
ここから湯の丸山と角間山の鞍部、角間峠へ向かう

8:03出発
湯の丸は都内から一番近いパウダーを満喫できる場所

でも・・・
今年は雪が少ない

青空が見えているが雲は流れている
気温は暖かい

そのせいか、雪質は結晶が大きくあまり良くない
標高が上がればよくなるだろうか?

逆に雪は締まっていて歩きやすい

左手に湯に丸山、右手に角間山

8:58角間峠着
ここで水分補給して、すぐさま出発

トレースは角間山方面に続いており
湯の丸方面へのトレースはここで消えていた。。

山頂へ続く稜線を登り始める
振り向くと角間山が・・・

角間山の中々良さそうな斜面、あそこなら時間もかからず登山組も一緒に登れて展望も良さそう

二日酔いの寝坊した朝に行くショートコースに良さそうだ

樹林帯の稜線を登る
風にさらされてる場所はクラスとしているが樹林帯の中は、なかなかの雪質

雪山を登っているといつも動物たちの足跡に感心させられる
ちゃんと歩きやすい尾根の高い場所選んで登っているのだ

野生の感なのだろうか内蔵GPSなのか?
人間が選ぶルートと全く同じ

おいらも独り秋田の山で鹿の足跡にずいぶんお世話になった。

空が開けてきた。。
と思ったら踏み抜きが増えてくるが、あと少し・・・

北峰を登ると人影が見えたスキー場から登ってきた人だろう
あそこが山頂だ!

10:34湯の丸山山頂着
さすがに風があるが、思ったほどではない

先ほど見えた人影は男性と女性のペア
近づくと山頂碑の前に自転車?よく見るとスノースクートでした。

おいらは、スノースクートじゃん!マジ?よくやるねぇ~と声を掛けると
男性は笑っていた

おいらも若いころはよく自転車を山頂に担ぎ上げてなぁ

ボードを装着して
3名で地図を見てコース確認と中間集合地点の確認

中間地点までは尾根コースと沢コースの二つ
どちらも高度が下がると樹林帯のツリーランになりそうだ!

おいらの買ったボードはパウダー用の板
細かいターンには向かない板

滑り出しのオープンバーンに期待だ

山頂からドロップ
ガリガリだ

急斜面の沢状の地形に出るとクラスとしていてターンがムズイ

バーンが終わり樹林帯に入ると見た目でフカフカの場所を
木々を縫いながらパウダーを楽しむ

先に行ったCLから奇声が・・・
気持ちいいらしい

おいらは途中、腕ぐらいの立ち木に脛をヒットして転倒
まあ・・・大したことはない(出血していたが)

ツリーランは一瞬でルートを考えないと・・・

まるで
スキーアルペン競技のスラローム

スキーはポールがしなるから当たっても痛くないが、木に当たれば痛いどころか、打ち方が悪ければ死んでしまう

密集している場所はボードだとターンできないので、強引に木を掴み向きを変える

藪が出てきた
先を見れば緩斜面・・・
止まりたくないので、しゃがんで枝を避けたり、手で払ったりしてスピードを上げる

中間地点で無事集合

少し息を整えて最後の下り

11:56駐車場着
途中ボードを4回ほど外す羽目になったが問題ないレベルで滑走出来た

装備を外したら
目の前が温泉というのが嬉しい

入りたかった紅葉館の温泉に浸かり

買い物をして17時から宴会
少し酒の量が多いのが気になる

ビール500缶12本、日本酒1升、日本酒4合瓶2本、日本酒昨日の残り2合、赤ワインフルボトル1本、白ワインフルボトル1本

明日は起きられるかなぁ

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン