YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

サタデー・マウンテン・フィーバー

ミンさんさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:登山歴は2年と少しですが、幼少のみぎりより車窓から眺める山が大好きでしたので山ラブ歴は30年以上の大ベテランです。

    でも、山行に関しては初心者と殆ど変わりません。

    どうぞよろしく!
  • 活動エリア:徳島
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1979
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

徳島市

2016/02/07(日) 20:21

 更新

サタデー・マウンテン・フィーバー

公開

活動情報

活動時期

2016/02/06(土) 07:38

2016/02/06(土) 14:16

アクセス:609人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,172m / 累積標高下り 1,160m
活動時間6:38
活動距離12.34km
高低差756m
カロリー2355kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今日は久しぶり、土日連休初日の登山です!

私が考える土曜日に登る利点なのですが

・翌日休みだから遅く帰ってもゆっくりできる
・ヤマップの編集が気持ち的に超ラクチン!
・山行中、万一遭難しても心に余裕がある&最悪を想定しても高確率で会社に迷惑をかけなくても済みそう
・テント泊/小屋泊ができちゃう!
・夜遅くまでお酒が呑める!

ちなみに、車の運転の練習にもなるので今日はあえてソロです。
初めて登る山はほとんど夜が明ける前に出発します!

゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜

今日登るお山は、徳島市最高峰「中津峰山」。
徳島市の「中津峰山」、小松島市の「日峰山」、阿南市の「津乃峰」の三つを合わせた総称が「阿波三峰」です。
勝浦三山、木頭三傘、阿波三峰と数字の『3』にまつわる阿波名峰の一座。

期待に胸が踊りますね~

゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜

土曜日と言うとまず最初に思い浮かぶのがサタデー・ナイト・フィーバー。
私が生まれた頃に上映されてた映画ですね~
欧米の音楽史を語るにおいて外すことが出来ない名作かつ、名盤。
高校2年に買ったこのCDですが、今でもたまに聞いています。

私のお気に入りはラストの曲、「ディスコ・インフェルノ」…って話がそれてきてる!

や…山に登りましょう。
今日のテーマは無理矢理感が否めませんが「サタデー・ナイト・フィーバー」ならぬ、「サタデー・マウンテン・フィーバー」でマジ夜露死苦!

゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜

はい。今日行くルートの紹介ですが、三角点を合計5つも回収出来る!コースのご紹介。
(私にとってはまさに最高のフルコース料理とも言えるメニュー!)

市内からのアクセスが超絶☆良好ゆえに登山道もかなり整備が行き届いております。
万一道に迷っても100%遭難する心配が無い程に明瞭な道が至るところに伸びております。
裏を返せば、、、、、道が多すぎて良い意味で迷います。。。

なので、事前のルート計画がかなり重要!
そういうわけで髪地図とコンパスは必携です。

゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜

そうして、登山開始~

登山は順調順調。
一座めのお山「平石山」に到着!このお山は剣山系最東端に当たるお山。
グレートトラバースの剣山バージョン・一筆書きをやってみたならば、最初の一座がここになるのでみんなもぜひ覚えておこう!たぶん、役に…たたない…?マニアック山知識in徳島…

山頂でフィーバーしてたら、学生の頃からの友人の狙い済ませたかのような地雷LINEメッセに
調子を崩されつつも本日の目的地「中津峰山」へ到着です!

゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜

山頂で休憩をしてると後から登ってきた一人の登山者さん。
軽く愛拶を済ませ、お互いの山話を始めました。

そのなかでスマフォでのGPSの話になってためしに「ヤマップ」」のキーワードを投げかけてみました。
すると…「私もそれ、それ使ってますよ!!」

!!!

ふぃーばー!!登山を始めて初のヤマップユーザーに遭遇だぁぁあああああああああああああああああ!!!!!

色々話をお伺いすると投稿はしてないとのことでした。残念!
小一時間色んなお話をして本当に楽しい時間を過ごさせて頂きました。

夢の様なフィーバーな時間。山っていいな~

四国ヤマップの四天王ならここで一緒に記念撮影してたんだろうけど、
至らない私はそこまで考えが足らなかった。後になって猛反省!!むぅぅ!

゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜

下山の話ですが、事前に下山ルートを作成してたにもかかわらず、下山取り付き点をのっけから間違えて
予定と全く違うルートで下山してました。。。

途中で気がついて、少し下ってから予定ルートに合流しなおしました。

そこからは予定通りのルートを通り残りの三角点を回収。
無事下山を果たし、駐車場。
登山開始時は一台も車が停まって無かったのですが、この時は駐車場が満車状態!
おつかれさまでした!

゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜゜

「今回の山行記・おまけ特別編」

日が開けて日曜日。
連休企画ということもあって、今日は写真を撮りに脇町「うだつの町並み」と神山町「下分・宇佐八幡神社」へ。
小さな寒波が来ておりましたので、冬景色を撮るという目的でカメラ片手にフラフラと出かけました。

うだつの町並みは人が多かったです。假屋崎省吾氏の「うだつを生ける展」が今年も開催されておりましたので、生け花展を見たかったのも一つの理由です。
圧巻でした。生花の強さと深さ、生命の奥深さに感動しました。

それから地元まで一旦戻り、今度は神山町へ車をひらすら走らせます。

下分の南方にそびえる柴小屋山。
その稜線と霧氷に染まる山々が撮りたいから。

国道沿いに車を走らせ、撮影に良さそうな場所が見つかったので撮影開始。
と、後から来た一台の車。停車して中から出てきたのは外国人さん。

オールイングリッシュで流暢に身振り手振りで何かを伝えようとしてくださいます。
どうやら、「ここよりもっといい撮影ポイントがあるぜ!教えてやるよ!ブラザー!!」
「その先に見えてる橋があるだろ?そこを渡るんだ。そう。そうだ!」
「渡った先の神社から眺める山の景色が最高なんだぜ!ぶらざぁああああ!!」

らしい。ので、早速言われた場所に移動して神社そばの路肩に駐車しました。

ちょうどその時間帯、山には深い霧が立ち込めてましたので
晴れるまで一時間ほど車で待機しました。

夕方が近づくにつれ、天候が回復して空に青さが戻ってきました。
そうして、夕日に照らされた山の霧氷撮影に成功!やりました!

神社に駐車させて頂いたお礼も兼ねてお参りして家に帰りました。

いい連休でした。
おやすみなさい。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン