YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

くじゅう御池の確認ツアー…

gogosasさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:携帯買い替えでなぜだかsas5→gogosasに自動変更(笑)

  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2016/02/07(日) 00:31

 更新

くじゅう御池の確認ツアー…

公開

活動情報

活動時期

2016/02/06(土) 10:57

2016/02/06(土) 16:32

アクセス:208人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 953m / 累積標高下り 952m
活動時間5:35
活動距離13.86km
高低差747m

写真

動画

道具リスト

文章

またまた緩〜い山行の予定が…
午後から晴れの予想も 雪とガス(笑)
牧ノ戸峠から星生山ー中岳ー池の小屋予定てしたが 10:30の牧ノ戸峠P −3℃で細かい雪が降ってます
帰り道の峠の下りを考え 長者原からの出発に変更 アイゼンをクルマに忘れたりなどして リスタートは11:12
長者原からのスガモリ越えはじつに30年ぶり(笑)
くじゅう別れからの稜線は風もあり 小雪に打たれガス中の山行は まさに修現の行そのものです
御池の結氷を確認後は 池の小屋でマッタリと しかぁ〜し一座も山頂を踏まずに撤収もできまいと 天狗はなんとか登頂
今回の装備はイマイチで 手足の冷たい山行でした インナーもアウターもどちらも大事
グローブのアウターの素材が合皮で 防寒の面ではナイロンorPUがよろしいかと痛感!
(ちなみに池の小屋の外気温は−5℃ )
結果的には全行程アイゼンは不要でした
足先が冷たく感じたのですが シルクのインナーに毛混化繊のソックスでした ウールソックスの良いやつが吉!

追伸 ログの終了忘れで 下山後もそのままに

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン