YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

大山崎駅~天王山~釈迦岳~ポンポン山~小塩山

叢雲さん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:2015年11月からトレッキングを始めた初心者です
    宜しくお願いします
  • 活動エリア:京都
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1976
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

ポンポン山(京都府)・釈迦岳・小塩山

2016/02/07(日) 21:03

 更新

大山崎駅~天王山~釈迦岳~ポンポン山~小塩山

公開

活動情報

活動時期

2016/02/07(日) 09:16

2016/02/07(日) 15:42

アクセス:140人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,472m / 累積標高下り 1,419m
活動時間6:26
活動距離19.39km
高低差676m
カロリー3599kcal

写真

動画

道具リスト

文章

地元だけど登った事なかったポンポン山に行ってきました。

大山崎駅~天王山
登山口は宝積寺の中にあります、手前の大念寺は関係ありません。
よって、大念寺の階段はスルーして舗装路をそのまま進んで下さい、私は登ってしまいましたが・・・・
宝積寺の境内右手から登山道になります。
主に階段になりますが道幅も広く、迷うような箇所や危険な箇所はありません。

天王山~釈迦岳
途中までは整備されたハイキングコースです。
危険な箇所はありませんが、色んなルートが存在するので都度行く方向を看板で確認する必要があります。
しばらく進むと車道と合流し、そのまま車道を上がる形となります。
車道の脇を歩いてると柳谷観音手前右手に広いスペースがあり、その奥に害獣防護柵があります。
そこを越えると再び登山道です。
こちらはやや狭く、いきなり下りになります。
小さな水の流れとともに下っていくと川があり、それを渡ってからやや急な登りになります。
途中から林業用の道?と西山古道が交差しながら進みます。
どちらの道も通ってみましたが、林業用の道はやや荒れていますが緩やかで長く、
西山古道は道は狭く急坂はありますが距離は短い感じでした。どちらを通っても問題無さそうです。
特に迷いそうな箇所や危険な箇所はありませんでした。

釈迦岳~ポンポン山
ゆるやかなアップダウンで、とても歩きやすい道でした。
途中何故かGPSのログが飛んだのか、まっすぐ突き進んだ感じになってますが・・・・・
道に雪もそれなりに見受けましたが、問題になるような量ではありませんでした。
ポンポン山頂ではベンチ等があり、多くの方が昼食をとられていました。
私もここでいつものうどんとおにぎりを食べました。

ポンポン山~森の案内所
ポンポン山から西尾根ルートを通りました。
ポンポン山頂から出灰方面に向かい、すぐに右手の道に入ります。
所々に急坂はありましたが、基本的にゆるやかなアップダウンです。
看板は多くありましたが、マーキングは殆ど見られませんでした。
落ち葉や雪で踏跡が見えない場合は注意が必要かもしれません。
また、若干道が狭めで切り立った箇所があり、お子さんと一緒の場合等は注意した方が良いかもしれません。
森の案内所手前は工事中で重機があり、道にキャタピラの跡がありました。また、そこがぬかるんでいました。
森の案内所にはトイレがあります。

森の案内所~小塩山
森の案内所を抜け、森林公園から出た真ん前が小塩山の登山口です。やや分かりにくいです。
すぐに渡渉地点があり・・・といってもジャンプすれば渡れる位の幅ですが、そこからひたすら登りです。
淳和天皇陵のすぐ裏側に小塩山頂がありました。
鉄塔が多く、その向こう側に道が続いてました。

小塩山~
淳和天皇陵の前から天皇陵道を下りました。
ここも特に危険な箇所はありませんでした。
本来迷う事も無いと思いますが、私は間違えて最初舗装路の方へ行ってしまいました。
害獣防護柵を越えると、舗装された道になり次第に民家が見えてきます。

私はそのまま京都エミナースまで歩き、竹の郷温泉に入りました。
入浴後、すぐそばの洛西バスターミナルから帰宅しました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン