YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

小秀山

もろさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:最近、登山の楽しさを知って、週末に東海地区を中心に登っています。
  • 活動エリア:公開しない
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

小秀山

2016/02/07(日) 21:43

 更新
長野, 岐阜

小秀山

活動情報

活動時期

2016/02/07(日) 06:17

2016/02/07(日) 16:01

ブックマークに追加

アクセス

358人

メンバー

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間9時間44分
  • 活動距離活動距離13.16km
  • 高低差高低差1,098m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,373m / 1,378m
  • スタート06:17
  • 5時間0分
  • 小秀山11:17 - 12:27 (1時間10分)
  • 3時間34分
  • ゴール16:01

写真

動画

道具リスト

文章

例年より雪が少なく、数日前に登られた方が見えたので今年ながら登れるかな?と思い準備を整え行ってみました。
例年なら、激しいラッセル,そして撤退がが予想されますが…

乙女渓谷キャンプ場までは除雪されておりスンナリ行けました。
今回は三の谷コースのピストン(二の谷コースは封鎖されているので)
登山口から雪があり、はじめは少ないが兜岩に近づくにつれて増えていきました。
夜に少し降ったみたいで薄っすら新雪もありました。
天気は一日通して快晴、風は兜岩まで強かった。
兜岩を登る所が今回の核心部、急登はキックステップで進みます、凍結箇所もありました。(ここは、みとなさん担当、それまで先頭で歩いていたのでバテバテで交代しました。)

第一高原まで行くと雪もしっかりとありましたが、ワカンそつければそこまで埋もれません。
(例年は腰ラッセルだと思いますが)。
ただ、トレースは消えてあまりありませんでした。
第二高原で行きも帰りもプチ道迷い(トレースについて来られた方すいません)
休憩適地①くらいで夫妻の方を追い越してから、先頭でしたが、ここでスノーシューのおじさんに抜かれました。スノーシュー平地と、下り早そうでした。

山頂までの登りも辛かったです…
その分、山頂に着いたときの感動は一塩でした。
御嶽の展望もバッチリでした。中央アルプス、白山もクッキリでした。

帰りも気をつける場所は同じですが、兜岩の下りは要注意でした。

行ってみて分かった事はヤッパリ思っていた通り、大変でした。天候も良く助けられました。
雪が多くてラッセルだった今の自分だったら無理だろうなと思いました。寒さも一日を通じてマイナスで、小屋の中でもー9℃。
先日までにトレースつけられた方に感謝でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン