YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

若松区の白山と舟尾山

MICHIYAさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:膝が変形性関節症のため、ポチポチと山歩きをしてます。
  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1957
  • 出身地:福岡
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

北九州市・下関市

2016/02/08(月) 19:32

 更新

若松区の白山と舟尾山

公開

活動情報

活動時期

2016/02/07(日) 11:37

2016/02/07(日) 16:39

アクセス:216人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 663m / 累積標高下り 653m
活動時間5:02
活動距離15.13km
高低差167m
カロリー1767kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今日は、福智山に登る予定でしたが、朝からあいにくの雨で中止。
しかしながら昼前に、雲と雲の合間に時折青空が見えてきたので、近くを散歩でもと思い小竹(おだけ)の白山(171m)へ。

「白山」は、元は小さな山という意味の「小岳」と呼んでいたのが、のちに竹が密生していたので小竹になり現在の地名になったと言われています。そして山名は、中世麻生氏がこの地を治めた時に、出身の宇都宮の白山権現を勧請し白山神社を創建したため、「小岳」は「白山」と呼ばれるようになったそうです。

当初は、白山山頂から首なし地蔵を経て尾根伝いに歩き、電発の上のところまで行き、そこから脇田の方へ行くつもりでしたが、気が変わり尾根道の途中で折り返して、頓田貯水池を経て舟尾山へ向かいました。

舟尾山(69.8m)は、若松区の塩屋と小敷の境にある超低山ですが、山頂にはちゃんと三角点が有ります。前回登った時は、ひびきのフットサルラボの奥のところから入る事ができましたが、かなり荒れていたので、宅地整備中のところから入りました。

ちなみに昔、舟尾山の近くに小敷城があったそうです。また、小敷の向こう側の大鳥居には、白山神社の大きな鳥居があったことから、それが地名になったようです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン