YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

三瓶山で雪遊び。

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

三瓶山・大平山

2016/02/07(日) 22:08

 更新

三瓶山で雪遊び。

公開

活動情報

活動時期

2016/02/07(日) 13:29

2016/02/07(日) 17:23

アクセス:552人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,520m / 累積標高下り 1,525m
活動時間3:54
活動距離6.89km
高低差673m

写真

動画

道具リスト

文章

雪遊び道具を購入したので、試してみよう。アイラさん情報では、三瓶には、雪が積もっている。今朝も、雪が降ったので、三瓶山へ行けば、新雪の上を歩けるぞ。午後からの登山となってしまったが、アイゼン,スノーシューを試してみることはできる。けっこう天気も良く、西の原の駐車場には、家族連れで雪遊びをしておられる人などいらっしゃった。

さあ準備だ! 普通の登山靴に登山用スパッツを装着 → 釣り用の防寒着を着る → アイゼンとスノーシューを持って、いざ出発だ。西の原を抜け、登山口の所までくると、アイゼンを装着しながら、分岐を、左(男三瓶)右(子三瓶) どっちへ進もうか?と悩んでいた。ちょうど2人連れ様が歩いて来られ、「時間が無いので子三瓶へ行きます」って歩いて行かれたので、じゃあ私は、男三瓶か?安易に決めてしまった。

歩き出して、すぐに気が付いたのだが、普通のストックなので、すっぽりとハマり、全く役に立たない。スキーのストックを持って来ようと思っていたが、忘れてしまった。登山道の始めの方は、足跡が多くあり、雪が硬められていて、よかったのだが、進むにつれて、だんだん足跡が少なくなり、足が深くはまるようになってきた。登山道かどうかもはっきりしない道。道迷い対策も兼ねて、シーズン中に、赤テープを巻いておくべきだと思った。

釣り用の防寒着は、動きにくい上、防寒性能が良過ぎて、熱くなって来た。雪が付いた靴も重いので、ここら辺りでちょっと休憩。帽子を取り、あー涼しい(^^♪。靴を「トントン」と木の幹に当てて雪を落としたが、同時に木に積もった雪も頭の上へ落ちてきて、(>﹏<)本当に涼しくなった。気を取り直し、進むが、足がズボズボはまる。私の短い足が全部埋まって転び、お助けのストックも全部入った状態になる。こんな人型を10個ぐらいは作成しただろう。

山頂が近づくと、なだらかな斜面となり、ここで、リュックと一緒に背負ってきたスノーシューを袋から出した。6千円の安物だが、一回ぐらいは使えるだろう。新雪の上をスイスイ行くと思っていたのだが、意外に雪にめり込んでしまう。登り坂へ向かったら、後ろへ滑り、ひっくり返ってしまった。スキーのように横歩きで登ろうとしたら、横向いたまま滑ってしまう。一面真っ白で道など無いので、傾斜が少ない所を勝手に進んでいった。YamapのGPSを確認しながら、山頂までたどり着いた。

よい天気だったが、もう夕方4時、山頂には、だれもいなかった。ノンアルビーで一人乾杯し、すぐに下山することにした。ピストンは嫌いだが、来た道を歩くほうが安全な気がした。途中の岩場で、アイゼンに履き替え、急いで歩いた。しかし、下りは足のかかとで踏むので、登りよりも雪にはまりやすい。もう下山するだけなので、何回も転びながらも、足をひねらない事だけ気を付ける。防寒ズボンがずってきて、左右の足の動きに支障をきたし、たくし上げる。Yamapを始めてから、ウェストが10cm近く細くなったので、ほとんどのズボンは、デカイ。やっぱり、ちゃんとした冬山登山の装備ではない事を実感した。

なんとか、日暮れ前に、登山口まで降りることができた。体の疲れ具合が、登山したというよりも、シーズン最初のスキーに行った後のよう、重い足をひたすら持ち上げた後の疲れだった。西の原から、山を振り返ると、夕日に赤く、きれいだった。駐車場に着くと、他に一台だけ、登山者が帰り仕度をしていた。

車を走らせ、お決まりの「さんべ荘」へ行った。「登山靴の人はスリッパに履き替えてください」とあり、それ用の下駄箱もあります。お湯は、鉄分を含んでいて、若干茶色。料金は、500円。浴槽が10種類ぐらいあり、中には”ぬるま湯”があるけど、不思議と温まります。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン