YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

ちょっと怖い!東日本最大のタブの木を観てきました!

kiserinさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:ボウリング歴25年の末、身体はボロボロ状態になり特に左膝は変形性膝関節症と診断され歩行困難になりました。それからと言うもの整形外科に通う日々が続き、治療はいつも痛み止めのモーラステープとヒアルロン酸の注射のみ、このままではいけないと思い体質改善を真剣に考えました。まず減量と筋力アップを中心としたトレーニングを開始しして、その結果3ヶ月で83kgあった体重が62kgに、体脂肪率も28%が13%台になり、知り合いとすれ違っても気づかれないほど激変しました。

    「ライザップ」ではありませんよ!(@_@;)

    気が付くと歩くたびに激痛に悩まされた膝はすっかり痛みが消え普通に歩けるようになりました。今後は健康と体力を維持するため、長く楽しみながら出来るスポーツは何かないかと考えた末思いついたのが登山でした。
    天気の良い日は、関東近県を中心に夫婦で登山を楽しんでいます。

    神社仏閣オタクなので神社レポも良く書きます。(*^^)v

    YAMAP会員の皆様、どこかの山で私たちを見かけましたら気軽にお声掛けください。

    それでは宜しくお願い致します。(^_^)v
  • 活動エリア:その他
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:
  • 経験年数:未経験
  • レベル:未経験
  • その他 その他

日和田山・物見山・天覧山・多峯主山

2016/02/18(木) 17:59

 更新

ちょっと怖い!東日本最大のタブの木を観てきました!

公開

活動情報

活動時期

2016/02/07(日) 10:53

2016/02/07(日) 11:40

アクセス:1050人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 208m / 累積標高下り 237m
活動時間0:47
活動距離861m
高低差156m
カロリー393kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今日は標高290mの可愛いいお山へ登りました。

地元飯能の富士浅間神社の裏山には、埼玉県の天然記念物に指定されている樹齢700年の「滝ノ入のタブの木」があります。

嫁さんが観たいと言うので行って来ました。(^з^)-☆

富士浅間神社の裏手から一気に急登を登ると「姥ヶ嶽」の分岐に差し掛かり、右へ30m程進むと「滝ノ入のタブの木」があります。

かなり急斜面に立っていて、これが東日本で一番大きいタブの木らしいです。

埼玉県指定天然記念物
滝ノ入のタブの木
推定樹齢700年
樹高約20m
目通り5.5m
根回り7m
枝張り東西27m、南北25m

と書いてありました。

山頂へ登ると富士浅間神社の奥の宮があり、山頂標識は「間野富士山290m」と書いてありました。\(^_^)/

下山後マニアックな「龍神の瀧」で撮影したのですが、あまりにも不気味な空気を感じたのでヤバイと思い逃げるように帰りました!(((・・;)

姥捨て山と言い龍神の瀧と言い、昼間でも一人で歩く勇気はありません。
一気に勢いで誰かと行かないとダメな所です。

今日の動画は怖くて撮れませんでした!(((・・;)

おしまい!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン