YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

白ねこ

Yoshikiさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:神戸から鹿児島へ。
    単身赴任も、とうとう4年目に突入(あと、どのくらい鹿児島に居れるのだろう・・).

    南九州ならではの山登り。。
    「もうこれは『沢登り』しかないな..」
    冬でも楽しめるのが南九州の魅力。

    熊本在住の九州沢登りの第一人者をご紹介頂き、また福岡からは岩登りのスペシャリストも合流。鹿児島からは沢好きが集まり、熊本の五木エリアで「新規の沢開拓」に同行させてもらっています。

    「沢登り」は山登りのすべての要素が必要だとか・・。
    また「何でもあり」で、使えるものは何でも使います。
    木の根っこだろうが、前を登る人の足首だろうが、膝をついても、顎を使っても構いません。ルールはひとつ・・
    「落ちたら負け!」
    これだけです。「嵌る」とこれほど面白いものはありません。
  • 活動エリア:鹿児島, 熊本
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

阿蘇南側

2016/02/09(火) 21:16

 更新

白ねこ

公開

活動情報

活動時期

2016/02/07(日) 08:27

2016/02/07(日) 18:22

アクセス:442人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 763m / 累積標高下り 807m
活動時間9:55
活動距離3.01km
高低差489m
カロリー4788kcal

写真

動画

道具リスト

文章

久しぶりにかなり「痺れた」山行だった。。

雪の舞う「根子岳」。気温が低くどんどん積もっていく。
誰かがぼそっと「白根子だ・・」。

スタート地点で気温-5℃。
山をやっていると色々な「師匠」と名の付く方々とお知り合いになれる。
今日は「岩登りの師匠」。
ところがこの「師匠」と名の付く皆さん、まず普通のことをしない。
『「天狗のコル」まで一気に突き上げようか・・』
ルートなき枯れた沢を登り始める。ほぼ直登。
途中どうしても足場が悪く、左から巻くような形で一旦尾根へ。
「こんな雪で、根子岳、無理ですよね・・」
「いや、大丈夫だよ!」
やっぱり普通じゃない・・

そしてここからがずっと「核心」。
雪でシューズのフリクションが全く想定できない・・。
滑るのか、バチッと決まるのか足を置いてみないとわからない状況が続く。
クライミングでは、凍り付くような岩で指の感覚は無くなるし、ビレイ中は体が底冷え。
おまけに雪でスリッピーになった岩で緊張の連続。
ところどころルートが崩壊し「これ、行ける?」と思わず口に出してしまう箇所が何か所も・・。

あまりにも時間が掛かりすぎで、久しぶりの日没後の下山となった。

今度は雪のない根子岳に登ってみたいと思うが、本来の目的である「沢登り」は今年に入って
まだ一度も登っていない。。

いつ、行こう・・

shigeさん/kayoさん

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン