YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

洋上のアルプス、立山連峰(日記)

JunJunさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介: 引きこもり系パソコンヲタクが、デジカメを手にしてからはカメラとレンズの沼にハマり、被写体を求めて街を徘徊するように。が、街の被写体を撮りつくし限界を感じていたところ、齢五十にして初めて地元の北アルプス立山への登山に参加。この時から山の美しさに目覚めて山の撮影の魅力にハマる。
     以降毎週お天気が良ければ北アルプス北部や、地元の山々をデジカメを持って徘徊するように。年老いても元気に街や山をデジカメを持って徘徊できるようになるため、トレーニングと食事にも気を使う健康ヲタクでもあります。
  • 活動エリア:富山
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

氷見市

2016/02/09(火) 07:24

 更新

洋上のアルプス、立山連峰(日記)

公開

活動情報

活動時期

2016/02/08(月) 12:25

2016/02/08(月) 17:20

アクセス:277人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 0m
活動時間4:55
活動距離0m
高低差0m
カロリー2317kcal

写真

動画

道具リスト

文章

 今日は移動性高気圧に覆われたため、北陸富山も1日晴れました。たまたま今日は外回りで、県西部の氷見市を回っていると、お昼ご飯を食べた海岸から立山連峰がはっきりと見えました(チッ、月曜日にこんなに晴れた登山日和になりやがって、仕事している場合か!)。

 あまりにきれいだったのでしばらく見とれ、しばし立山連峰を撮影。この後また氷見市を回ってお仕事モードに(早くアルペンルート開通して立山に行きたいのぉー)。

 仕事が一段落してまた氷見市の海岸線を走っていると、今度は夕陽に立山連峰が燃えるように赤く染まって素晴らしい景色に見えました。夕陽と立山の共演はほんの一瞬でしたが、なんとか撮影に成功。山に行かなくてもこんなに素晴らしい景色が見えるとは改めて富山に生まれて良かった(地元でもなかなか見れんぞ)。

 北陸新幹線も開通しましたし、冬の魚や酒が美味しい季節にいらっしゃれば、運が良いと素晴らしい立山連峰に出会えるかもしれませんよ。全国のYAMAP会員の皆さま、機会があればぜひ富山県においでくださいませ〜(今回は山行記録では無く、さりげない郷土の自慢&宣伝でした)。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン