YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

雪山復活(赤岳)

jinba-shuさん

  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:健康維持のためハイキングと登山の真似事を気の向くままに日本全国(過去のこと)をかけ回っていました。最近はもっぱら丹沢の山、中央線沿線、富士山の外輪山、奥多摩の山、奥秩父の山、八ヶ岳、北アルプスの山、南アルプスの山をリピートしています。
    1999年に富士山を最後に日本百名山を完登しました。
    2016年5月11日に二回目の日本百名山を完登しました。最後に登った山は宮之浦岳です。
    下記は過去に作成していた「陣馬からの便り」ホームページです。
    <陣馬からの便り>
    url = http://www.asahi-net.or.jp/~az5h-oomr/
    <ヤマレコ>syusan99のIDで山行記録をアップしています。
    http://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-86570-prof.html

  • ユーザーID:106195
    性別:男性
    生まれ年:公開しない
    活動エリア:公開しない
    出身地:公開しない
    経験年数:10年以上
    レベル:公開しない
  • その他 その他

八ヶ岳

2016/02/10(水) 14:47

 更新
山梨, 長野

雪山復活(赤岳)

活動情報

活動時期

2016/02/10(水) 07:30

2016/02/10(水) 14:47

ブックマークに追加

アクセス

632人

文章

2月7日に浅間山(黒斑山)を登って以来、雪山の魅力を再認識し、6年前に登った八ヶ岳の赤岳と硫黄岳を登ろうと計画した。ちょうど、2月10日~11日が晴れの天気予報。早速、雪山の準備をする。今回は赤岳展望荘に泊まり、翌日に赤岳を登り、一旦、文三郎尾根経由で行者小屋まで下山し、その後、赤岳鉱泉まで行き、赤岳鉱泉に重い荷物をデポし、硫黄岳まで往復する予定を立てた。
1日目は美濃戸口に車を駐車し、そこから歩いて美濃戸山荘へ、その後、南沢を経由し、行者小屋まで行き、地蔵尾根を登り、赤岳展望荘まで行きました。天気が安定していれば、その日の内に赤岳山頂をピストンの予定であったが、ガスと風が強そうだったことと、前日の雪が思ったより多く登山道に積もっていて歩行に時間がかかり、山荘に着いた時が午後2時半を過ぎていたため中止としました。
風邪は強かったものの、午後から天気は晴れモードになり、山の写真を多く撮影することができました。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間7時間17分
  • 活動距離活動距離9.26km
  • 高低差高低差1,285m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り2,416m / 1,140m
  • スタート07:30
  • -
  • 八ヶ岳山荘07:30 - 07:31 (1分)
  • 52分
  • やまのこ村08:23 - 08:24 (1分)
  • -
  • 赤岳山荘08:24 - 08:27 (3分)
  • 5分
  • 美濃戸山荘08:32 - 08:37 (5分)
  • 2時間58分
  • 行者小屋11:35 - 11:36 (1分)
  • 2時間55分
  • 赤岳天望荘14:31 - 14:34 (3分)
  • 13分
  • ゴール14:47
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン