YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

スノーシューで戸隠神社奥社~鏡池など周辺を歩いてみた

たこさんさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:高校の山岳部出身です。
    飯豊連峰の縦走を再び夢見る日帰りハイカーです(^^)
  • 活動エリア:新潟
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1974
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:
  • その他 その他

高妻山・戸隠山

2016/02/11(木) 17:52

 更新

スノーシューで戸隠神社奥社~鏡池など周辺を歩いてみた

公開

活動情報

活動時期

2016/02/11(木) 07:46

2016/02/11(木) 11:29

アクセス:477人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,289m / 累積標高下り 2,287m
活動時間3:43
活動距離10.21km
高低差164m
カロリー1972kcal

写真

動画

道具リスト

文章

全国的に天候がよく、新潟も珍しく快晴な祝日。地元の山へとも考えましたが、前回のスノーシューハイクがあまりにも楽しかったためどこかいいところを探す事に。
長野がよかろうと霧ヶ峰、美ヶ原、など色々候補にあがりますが、如何せん自宅から遠く道路状況も悪いこの時期日帰りでは厳しいと判断。せめて県境周辺でと高原の名のつく所を片っ端から検索。そこで戸隠高原が浮上、戸隠神社奥社や凍りつく鏡池、その周辺はスノーシューハイクやスキーで行かれる方も多いとか。そういや、2月に入って仕事でトラブル続き、身を清める為にも戸隠へ向かうことに!

本来なら自宅からは二時間程でつくのですが、上信越自動車道信濃町インターから戸隠高原までの県道は見事に路面凍結しており気の抜けない運転が続きます。
駐車場へは7時半頃到着、五台ほど先客がおられます。準備を済ませいざ参る。
入り口鳥居より随神門までおよそ1㎞、トレースはしっかりしているのでつぼ足にて進みます。
随神門から奥社までおよそ1㎞、美しいスギ並木です。これも圧巻です。
道はというと…つぼ足ではキツそうなのでここでスノーシュー装着。途中ワカン使いの二人組に追い抜かれ彼らの後を追います。
急激にペースが落ちてきたワカン組の方々。よく見るとトレースがなくなっておりラッセルに突入した模様。ワカンではキツそうなので追いついた時に先頭を変わり
人生初ラッセル開始!
ちょうど勾配がキツくなり始める所、奥社までは大した距離ではないのですが膝下ラッセルから膝上程へと徐々にキツくなります。凄まじくスタミナをロスするんですね…
ワカン使いの方々は急な尾根へと進路を変えていたので、私一人で奥社までひたすらラッセル…10分ちょいのところを40分近くもかかりなんとか、なんとか奥社にたどり着きホッと一息
ここで木々に隠れていた戸隠連山がハッキリと姿を見せます!快晴の空と雪を纏った姿がとても美しいですね

随神門まで戻り鏡池を目指します。樹林帯をぬけ途中天命稲荷の脇にある東屋で飯にします。ラッセルのおかげで腹が減ってしょうがありません
ラーメンを食べたらいよいよ鏡池へ、しっかり凍結しているのか…池の上を歩けるのかなど考えながら歩きます。
そして…鏡池へ到着! 池の上にもトレースはしっかりとあります。池にある有名な枯れ木(触れると恋愛が成就するとかなんとか)周辺より戸隠連山をのぞみます。
今日の天候が抜群だった事もありますが、鏡池を含めその後ろに控える雄大な戸隠連山にもうため息しか出ません。美しすぎます。急峻な稜線もハッキリと、雪を纏った姿は美しいという言葉以外にはないと。
ここは他の山並みはほぼ見えません、戸隠連山に特化した場所ですが、いいんです!
これがいいんです!

軽く周回して戻る予定でしたが、ラッセルでのスタミナロスでもはやトレース作りをする気力もなくピストンで戻りました。
近くの温泉(戸隠神告げ温泉)へ、ついでに蕎麦食っとけ!帰りの米山でサバサンド食っとけ!ラッセルで腹が減る減る🎵

急な思いつきで来た戸隠でしたが、素晴らしい所でした。毎冬必ず来ます!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン