YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

正丸峠から伊豆ヶ岳へ

大空さん YAMAP Meister Bronze

  • YAMAPマイスター:ブロンズ
  • 自己紹介:大自然に触れ合いたいけど休みがない、バイトしてないからお金もない、勉強ヤバイからバイトどころじゃない、そんな緑が大好きな高校二年生です。
    初心者なので分からないことが多いので色々教えてください。
    埼玉在住 
    次は埼玉県小川町、ときがわ町、東秩父村に股がる比企三山に挑戦するつもりです。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1999
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

武甲山・伊豆ヶ岳・子持山

2016/02/11(木) 14:45

 更新

正丸峠から伊豆ヶ岳へ

公開

活動情報

活動時期

2016/02/11(木) 10:11

2016/02/11(木) 14:44

アクセス:180人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,874m / 累積標高下り 1,875m
活動時間3:49
活動距離10.19km
高低差595m

写真

動画

道具リスト

文章

2016年 2月11日 (木) 快晴

建国記念日に埼玉県飯能市の伊豆ヶ岳に行きました。

天気は雲1つない快晴!!☀最高の登山日和だぁーー!!と、張り切りながら家を出発。

最寄り駅で友達と合流し、電車で西武秩父線正丸駅へ。

正丸駅を出てトイレを済まし、いざ!登山開始!!

すると、いきなり急な階段が、物凄い角度で降りるのが少し怖かったです。

階段を降りたらしばらくは舗装道を歩きます。

そしてしばらく歩くと山道らしい道へ。

その道はしばらくは順調に歩いていけました。

しかし、お申講(おさるこう)という小さいほこらがある辺りから道は急な坂道へ。

結構きつい勾配だったので、息が切れそうになり、汗がダラダラと垂れてきました。💦

そろそろバテそうだなと思ったら緩やかな道路が見えてきました。

この時は助かったーーと思いました。

この道路を息を調えながらしばらく歩くと峠茶屋が見えてきました。

その峠茶屋でしばらく休憩、景色もそこそこでした。

そして、出発しようとしたのですが、道が見当たりません。

あれ、何処だろうと辺りを見回してみると茶屋の建物の外壁に「伊豆ヶ岳→」という張り紙が。

道は茶屋の建物の脇にあったのです。

その道を進んでゆくと道が雪山のように雪で覆われていたのです。

これは予想外でした。

もうすっかり雪は溶けているものだと思っていました。

山を甘くみていましたね。反省反省。

特に雪の影響もなく小高山に到着。

小高山の頂上は少し開けていて景色も良かったので少し休憩。

そして出発し、順調に進んでいき五輪山へ。

五輪山は全く開けてなかったのですぐに通過。

そしてしばらく歩くと……

遂に出た男坂!!

ネットなどで見た男坂の画像ではあまりキツそうな坂には見えませんでしたが、実際に行って見てみると、こんなところを人が登るのっと思うぐらい物凄く急で僕は躊躇っていました。

すると友達が「俺らは男だ男坂に行くぞ」と言ってきました。

この言葉に鼓舞されるように男坂に行くことを決心しました。

ちょっと進むと鎖がなければ登れない急な坂へ。

1本目の鎖が終わりそうなところで友達が進まなくなりました。

どうした?と聞いてみると友達が「こえーーー、降りてーー💧」と言ってきたのです。

しかし、そこは後戻り出来ない高さ…

もう登るしかなかったのですが、友達はもう無理もう無理とばっかり言ってくるので、僕が危険ですが後ろからサポートすることに。

友達の後ろにつき友達の足を見てみると、ガクガクブルブルと物凄く震えていました。💦

何とか急な坂を鎖を使いながら登り切りました。

そこでちょっと後ろを振り向いてみると、物凄く高く足がすくみました。

しかし、目線を下ではなく真正面に向けると、そこには今日一番の絶景が!🌠怖さなどぶっ飛びました。⤴ 命を懸けて登ってきた甲斐がありました。

そして、何とか、何とかの思いで男坂を登り切りました!

僕も友達もほっと一息。

すると、消防官を目指しているその友達が俺はロープを使ってビルなどを降下したりするレスキュー隊員にはなれないなと言っていました。

努力次第だと思いますが😅

そして少し進んでいくと、遂に見えてきた伊豆ヶ岳山頂!

そして山頂に到着!851m!

お腹が空いたのでお湯を沸かしてカップラーメンを食べることに。

山の上で食べると何でもおいしいですね!

山頂は周りに木が生えていて景色はあまり見えませんでした。

そして下山することに。

登りより下りの方がすごくつらかったです。(男坂は除く)

道は雪で覆われているので、何か掴まえられるものがなければ滑って転んでしまいます。

僕は3回ぐらい転びました。💦

そして、かめ岩に到着。

物凄く大きな岩ですごい迫力でした。

そして、2つの大きな岩が並んでいるふたご岩を見て下っていくと舗装道に戻ってきました。

そして正丸駅に。

無事下山終了~

こんなに歩いたのはきっと人生初だと思います。

自分の足で歩いたんだという達成感が凄くて、もっと色々な山に登りたい!と思いました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン