YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

堂山大師堂~民宿和佐路

ユッキーさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:1958
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

四国遍路その14

2016/02/17(水) 13:54

 更新

堂山大師堂~民宿和佐路

公開

活動情報

活動時期

2016/02/11(木) 07:13

2016/02/11(木) 15:32

アクセス:155人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,608m / 累積標高下り 3,284m
活動時間8:19
活動距離27.40km
高低差555m

写真

動画

道具リスト

文章

昨日、内子駅のホームに降りた時に、野球場の坂を下ってくる、第一お遍路発見…
その彼とは、昼前に合流し同行することに、テントと寝袋をとっくに送り返してしまった彼は布団のあるところに泊まりたいとのことで堂山大師堂まで歩くことに。でも僕の堂山大師堂の第一印象はムリ、ムリ、絶対無理でしたが、善根宿・通夜堂を渡り歩く彼は、即座に泊まらせてくださいと返事、僕も度胸を決めました。
翌日は、お借りした鍵を返すために7時頃の出発、起きてすぐに食事のできないという彼を置いて、足の遅い僕は先に出発しました。2時間位頑張ったかな、簡単に追いつかれてなるものかと。それでも三島神社の先の山道にかかるとこでついに追いつかれました、期待通り僕の落とした片方の軍手をちゃんと拾ってきてくれた彼は、急な上り坂をアッというまに登っていきます。平坦ならまだしも、急な登り下りは極端に弱い僕はあっさりと置いて行かれるが、上り坂の終わりごろに休憩中の彼に何とか追いつき、遅いわりにあまり休憩を取らない僕が下り坂を先行します。次に追いつかれたときに作戦会議、彼は久万高原町のホテルに荷物を置いて44~45番を打ち戻る作戦。そこまで歩けない僕は44番と45番の間の古岩屋荘を目指すことに・・・残り日数の少なくなった通し打ちの彼とは、ここで別れました。
ところが思いもよらず、古岩屋荘もその先の宿も満室・・・古岩屋荘の前で野宿覚悟でとぼとぼ歩く僕の目の目に民宿和佐路、時刻は3:30たまらず飛び込みで泊まりました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン