YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

芦屋地獄、AB懸、荒地山 今回はちゃんと行けました

秀とろさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2015年3月に相模原から神戸に引っ越してきました。

    小6の息子、小2の娘、妻と一緒に一家4人で登山をしています。

    息子が年長のとき、保育園の先生に勧められ、ほちゃほちゃだった息子の体力作りのため山登りを始めました。

    数年後、息子の腹筋が割れました。

    そして、その先生のお蔭で、「山登り」という家族みんなの趣味ができました。

    YAMAP地図のコースタイムと実際にかかった時間の比較の目安として
    APC値(Actual time Per Course time)(勝手に命名)を記録してます。

    定義:APC値=(実際にかかった休憩込みの時間)/(コースタイム)
    ※ただし、昼飯などの長い休憩はAPC値に含めてません。
    ※参考程度の数値です。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ルート難易度感想例一覧(活動日記に書いたLvの照会用)
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ・私の個人的な感想なのであくまでご参考程度に。
    ・純粋な通過技術難易度で、迷いやすさや、気象の変わりやすさ等は考慮していません。
    ・無積雪期好天時。難易度は天候に寄って大きく変わる可能性があるのでご注意ください。
    ・Lv11をMAXに設定している訳ではありません。それより難しいのはまだ行ったことがないだけです。
    ・ご意見があればメッセージをください。

    Lv1 六甲山(兵庫)魚屋道、高尾山(東京)全ルート、木曽駒(長野)千畳敷カールから中岳経由

    Lv2 木曽駒(長野)中岳の巻道、至仏山(群馬)東面登山道

    Lv3 空木岳(長野)大地獄・小地獄、伯耆大山(鳥取)ユートピア、岩殿山(山梨)稚児落とし方面

    Lv4 六甲山(兵庫)芦屋地獄、六甲山(兵庫)AB懸ルート

    Lv5 宝剣岳(長野)北陵、槍ヶ岳(長野)槍の穂先、空木岳-桧尾岳間(長野)

    Lv6 宝剣岳(長野)南稜

    Lv7 六甲山(兵庫)西山谷、石鎚山(愛媛)三の鎖、試しの鎖

    Lv8 六甲山(兵庫)大月地獄、中俣、剱岳(富山)別山尾根、金峰山(山梨)五丈岩

    Lv9 六甲山(兵庫)A懸岩

    Lv10 鳳凰三山(山梨)オベリスク頂上岩

    Lv11  六甲山(兵庫)プロペラ岩

  • 活動エリア:兵庫
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1978
  • 出身地:神奈川
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

六甲山・長峰山・摩耶山

2016/02/13(土) 01:05

 更新

芦屋地獄、AB懸、荒地山 今回はちゃんと行けました

公開

活動情報

活動時期

2016/02/11(木) 07:55

2016/02/11(木) 15:31

アクセス:425人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,138m / 累積標高下り 2,098m
活動時間7:36
活動距離9.94km
高低差545m
カロリー4369kcal

写真

動画

道具リスト

文章

Yamapに登録するとき、あだ名考えるのが面倒で本名にしました。

最近になって、やっぱり本名は…と思っていると、妻が新しいのを考えてくれました。

母音は変わらないし、美味しそうだし、ということで、
本日から「秀朋」改め「秀とろ」にしました。
もちろん、前のまま「秀朋」と呼んでいただいても結構です。
今後ともよろしくお願いいたします。


さて、今回は前回道に迷って行けなかった芦屋地獄とA懸、B懸の岩場に早速リベンジしに行きました。その後、荒地山に登って、岡本へ下り、梅を見て帰るというプランです。

前回迷った反省を生かし、今回はたっくんの軌跡をダウンロードして参考にさせてもらいました。お蔭でだいぶ助かりました。それでもA懸B懸周辺は道が沢山ありすぎて、どこがどこだかわからず、無駄な岩に上ってしまい娘が降りるのに難儀したり、沢山写真を撮ったりと、だいぶ時間を食いました。

今回のルート、芦屋地獄もA懸B懸周辺も、荒地山へ登る岩梯子も岩場の連続で楽しく、特に子供たちにとっては夏のアルプスに向けていい訓練になりました。地元近くにこんないい訓練場があったなんて嬉しい驚きです。

荒地山からは南の破線ルートを下り、さらに奥高座の谷へ向かう地図に載ってない道を進みました。そのまま、谷を下ろうとすると、そばを歩いているおじさんに呼び止められ、「子供連れだし、下るのはやめたほうがいい」と言われました。踏み跡がしっかりしている道だし、私は行きたかったのですが、おじさんが強く主張するので渋々やめました。おじさんが六甲山の裏道探検に100回くらい行っていると聞き、いうことを聞いて正解だったろうと後で思いました。僕らが行こうとした道はおじさんでも歩いたことがないらしいですが、奥高座の谷は総じてややこしいとのことでした。

ということで、おじさんに風吹岩にでる別の裏道を案内してもらい(途中に重ね岩という岩がありました)、結局岡本まで一緒に下りました。そのおじさんはもう70歳にもなる人ですが、とても元気な方でした。六甲山やアルプスの話、いろいろ聞いて勉強になりました。六甲山にはいかに多くの地図にない裏道があるかということも知りました。100回歩いても知らない道が沢山あるそうです。

下山後に寄った岡本梅林公園、開花している木は75%とのことでしたが、3割咲いたら開花と判断するそうで、見頃はもう少し先という印象を受けました。

帰りに岡本でケーキを買って帰ろうと思いましたが、今日の気分の店がなく、結局御影まで歩いてケーキを買い、ラーメン屋に寄り道しつつさらに数キロ自宅まで歩いて帰りました。(軌跡は岡本梅林公園で止めています。)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン