YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

仁田峠より登って来ました

MICHIYAさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:膝が変形性関節症のため、ポチポチと山歩きをしてます。
  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1957
  • 出身地:福岡
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

雲仙岳・普賢岳・島原半島

2014/09/15(月) 22:12

 更新

仁田峠より登って来ました

公開

活動情報

活動時期

2014/09/14(日) 08:27

2014/09/14(日) 14:18

アクセス:265人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,399m / 累積標高下り 1,386m
活動時間5:51
活動距離6.49km
高低差315m
カロリー3945kcal

写真

動画

道具リスト

文章

仁田峠の入口(深夜に到着し車中にて仮眠)は、8時にならないと開きませんでした。事前に分かっていたのですが、もしかしてと思い早めに来たのですが、やっぱりでした。池の原か吹越登山口にしておけば、早朝から登れたのにと後から思いました。(ちなみに、仁田峠の駐車場には1時間以内の駐車に協力してほしい旨の案内がありました。)ロープウェイのある仁田峠駐車場に行く手前に、仁田峠第2展望所があり、ここからの展望も一見の価値ありです。ここの道路は一方通行のため帰りでは見れません。仁田峠の登山口は、駐車場奥側から入った処にありますが、ロープウェイ乗り場の左側の階段を登って行くと、登山道に合流します。まずは、ロープウェイを横目に見ながら、妙見岳の妙見神社を目指します。次に、
神社で登山の安全祈願を済ませ尾根をたどり国見岳へ、国見岳の上りには、急斜面の岩場があり、ロープやチェーンが設置してありますが、注意が必要です。国見岳山頂はそれ程広くなく、展望を楽しんだら直ぐに下山し、鬼人谷口より風穴・立岩の峰を経て普賢岳へ。立岩の峰での展望もよく、平成新山をまじかに見ることが出来ました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン