YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

晴天という幻。赤岳

よっちさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:はじめまして。神奈川で化学系の製造業の研究開発支援の仕事をしている、よっちといいます!

    2015年2月から登山を開始しました(・∀・)v丁度、一年半ぐらいになったので、プロフの更新を…笑

    いままでのお山ベスト(2016年暫定)
    1.剱岳北方稜線
    2.鳥海山
    3.水晶岳〜赤牛岳
    3.ジャンダルム

    いままでのお山ルートワースト(2016年暫定)
    ※お山はどこも素晴らしいので、ひどい目に会ったルートにしておきます笑
    1.鋸岳・角兵衛沢
    2.池ノ平ガリー
    3.読売新道


    2016、2017年 これから行きたい冬山とエリア 何処へゆこうかー
    ●西穂高岳(冬)
    ●赤岳・権現岳縦走(冬)
    ●仙丈ヶ岳(冬)
    ●甲斐駒ケ岳・黒戸尾根(冬)
    ●五竜岳(冬)
    ●富士山(冬)
  • 活動エリア:東京, 山梨, 長野
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1983
  • 出身地:北海道
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

八ヶ岳

2016/02/13(土) 21:19

 更新

晴天という幻。赤岳

公開

活動情報

活動時期

2016/02/12(金) 23:23

2016/02/13(土) 12:20

アクセス:640人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,972m / 累積標高下り 2,520m
活動時間12:57
活動距離29.98km
高低差1,894m
カロリー5955kcal

写真

動画

道具リスト

文章

さて、週末は…すったもんだの末、赤岳へ行ってまいりました(´・ω・`)

経緯として、最初は土・日と硫黄岳と横岳に行き、赤岳鉱泉でテント泊を予定したいと思っていたのですが、あいにく日曜日は、春の嵐で荒天…。ただ、土曜の午前中のみが登山指数も高く、狙うなら此処だ!と思い、土曜午前のみ山行をすることは出来ないか?を模索しておりました。

その際、フォロワーのyukiotasさんが、富士見からのルートで、八ケ岳を夜間ハイクをしていたのを見ていたので、土曜午前に八ケ岳に登るなら、この方法しかない!ということで、金曜夜から土曜朝にかけての山行に出発しました(´・ω・`)

そして、その金曜夜のナイトハイクの時、天気はなんと満天の星空!!つまり晴天!風ひとつない状況で、これはもしや、、赤岳登れるコンディションなんじゃね?と思い、一度も赤岳からの晴天を見たことがない私は、思わず特攻しました。これが甘かった(´・ω・`)

行った赤岳はなぜか春の嵐が前倒し。風!ガス!雪!で、晴天?なにそれ美味しいの?状態でした(´・ω・`)とほー。

しかし結果として厳冬期赤岳に登れ、貴重な経験を増やすことが出来ました。そしてお山は結果としてどんな天候で登っても楽しめることが改めてよく分かりました笑。 (*´ω`*`)

ちなみにコースは地蔵尾根からでしたが、なかなかの難コースです。ここはピッケルの重要性が非常に高いコースです。急斜面の上、雪質も柔らかく、滑落しやすいコンディションですので、此処に行かれる方は、十分注意してください(´・ω・`)

P.S. ギアメモ
・タッチペンを試そうと思っていましたが、一度も試せなかった。なんか使いにくい感覚がある(´・ω・`)
・スマホをカイロで温めるのは良いかもしれない。冷温動作停止が一度もなかった(ただあまり暖めすぎると故障しやすので要注意)。充電も効果的。
・アイゼンについては、赤岳でフロントポインティングの重要性がよく分かったので、赤岳以上の急勾配は新しい12本アイゼン+冬靴で挑みます(´・ω・`)これが出来ないと非常に苦労する。
・ハクキンカイロは超優秀。ただ上手く動作しない時がある?
・ワークマンの雪山防水手袋も超優秀。まるで冷えを感じない

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン