YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

二人でヨロヨロ【深峰歩道コース】と【白雲橋コース】

ぷーすけさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:筑波山がホームグランドです。目標は穂高連峰縦走と槍の登頂です。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

筑波山

2014/09/23(火) 22:58

 更新

二人でヨロヨロ【深峰歩道コース】と【白雲橋コース】

公開

活動情報

活動時期

2014/09/15(月) 07:37

2014/09/15(月) 12:35

アクセス:657人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,861m / 累積標高下り 1,881m
活動時間4:58
活動距離14.20km
高低差633m

写真

動画

道具リスト

文章

行程
7:40深峰歩道登山口(ユースホステル跡地)

8:20御幸ヶ原

8:45男体山山頂

9:05女体山山頂

9:36【白雲橋コース】と【おたつ石コース】分岐

10:20【白雲橋コース】と【迎場コース】分岐

10:30筑波山神社
↓ケーブルカー乗り場で休憩
12:00【御幸ヶ原コース】で御幸ヶ原到着
↓昼食
12:40【深峰歩道コース】で下山し終了

 カーナビの案内で薬王院前を通過し(前回はお世話になりました)7:10、ユースホステル跡地に到着。
栃木ナンバーに品川ナンバーなど、すでに5台ほどの車両が駐車しています。流石は三連休、一番乗りかと思ったらみんな早い。この調子だと昼くらいには満車御礼。
時期によると思いますが、こちらのコースで登られる方、週末は早めにご来場ください。

 到着後はいつもの儀式、登山口探しです。もっとも、探すまでもなく駐車場の入り口にありましたが。深峰歩道、別名【首都圏自然歩道線】。さて初めてのコース、どんな山路が待っているのか楽しみです。

 今回も前回同様、元気なぷーこが先に行ってしまいます。
ダイエット目的みたいだし、動かにゃだめなのか・・。でも、この登山道、普通に走れるし、こんなに楽して効果あるのか。もしかして、ユースホステル、これが原因で廃業?

 途中、小動物のフンを避けようとしたら、今回の写真素材をゲット。青紫のメタリックなやつ、センチコガネです。
動物の死骸や糞を食べて生きていて、雌は土の中に糞を埋めて、その中に卵を産み付けるみたいです。いわゆるスカベンジャーというやつですね。

 気持ち良い雑木林を進むとカタクリの群生地!最初から時季外れなのは分かっていたし、来年見に来るよ。

 またしばらく進むと今度はゴミが(やれやれ、ごみ袋出すかな)そこで、拾おうとしてビックリ!?
キノコじゃありませんか。しかも魔紫色。∑(・Д・・)
ぷーこは「きのこ触るな!」と言うし、「触ったら、その手であたしを触るな!」ともいうしで困惑。でも触らないと種類によっては同定できないキノコもあるので、触ってみたい自分。仕方なく妥協して写真のみ。

 色々調べましたが「ナスコンイッポンシメジ」なのか「ムラサキアブラシメジモドキ」なのかサッパリ判らないのです。すくなくとも、シメジかモドキかくらいはハッキリさせたい。
 だって、〇〇鯛って言われて食べたお寿司が、アカクジラウオダマシσ(´∀`me)??だったら嫌じゃありませんか。(でも美味しければOKなわたしですが、なにか?)

 釈然としないまま進むと、またもゴミを見つけてしまいました。今度は野球のボールです。
拾おうとして、また君か。ハイハイ (´。` ) =3
今度もさっぱりわからない。イグチの仲間なのは分かりますが、これがわたしの限界。表面はスベスベで結構しっかりとした肉厚具合で美味しそうです。もちろん触ったことはぷー子には内緒。

 そうこうしているうちに、40分ほどで御幸ヶ原到着。自然の神秘を満喫しながらの1.2㎞は短く。ぷーこでさえ物足りないようでした。逆に考えれば、こちらは安全で気楽に、大抵の方が登れる道だと思いました。

 その後は、定番コースの男体山山頂(途中立派な〇〇の道祖神様がおわします。皆さん知ってました?)から女体山山頂を巡り、10年以上ぶりの【白雲橋コース】(こんなにきつかったかな、心臓の弱い方は、ゆっくりね)を下り、神社に参拝。またもや結婚式の現場に、それにしても神式の結婚式は神秘的でいいですね。
結婚式に特別参列?した後【御幸ヶ原コース】(ぷーこはケーブルで)を登り、もう一度【深峰歩道コース】を下って12:40、二人でヨロヨロ無事?下山しました。

 今回のレポで筑波山のメジャーなコースはすべて終了です。
鬼ヶ作林道途中の【女の川コース】と【男の川コース】興味はありますが、駐車場も無いみたいなので自重させていただきました。
他にも登山口はありますが、ここではレポを控えさせていただきますので、興味のある方は自己責任で。


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン