YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

探検トレイル

Ryujiさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2013年12月の初トレランから回数を重ねるうちにトレランのレベルがアップしてるのが実感出来て凄く楽しいこの頃です。

    少し落ち着いたら、ゆっくり登山も経験したいなぁ(^_^)

    宜しくお願いします。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1973
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

九千部山・石谷山

2016/02/16(火) 23:10

 更新

探検トレイル

公開

活動情報

活動時期

2016/02/14(日) 10:22

2016/02/14(日) 18:18

アクセス:218人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,017m / 累積標高下り 1,958m
活動時間7:56
活動距離27.44km
高低差764m

写真

動画

道具リスト

文章

先ず始めに
御手洗の滝から九千部山頂までは問題有りませんが、九千部山頂からの下りは少し遭難気味で藪漕ぎしてるので参考にしないで下さいm(_ _)m
九千部山頂の直ぐ下でぐるぐる彷徨ってるログがそうです。



御手洗の滝方向に舗装路を上ると手前左側に釣り堀が有りますが反対側に河川敷きプールの無料駐車場が有ります。

入って見ると前々から気になってた金の水が有りました(^_^)
有料ですが(^^;;

車を停めてキャンプ場まで軽くジョギングします。

九千部山横断線を跨いで直ぐ右上にブルーシートが見えます。
少し土砂崩れが有ったのでしょうね。
気を付けて通行下さい。

更に進むと車の離合場所が有ります。
車1台しか通れない細い道なので離合場所で確認してから進みましょう。

キャンプ場より下の駐車場でトイレに行っときます。

登山口とキャンプ場の分岐が有り右側のキャンプ場の方へ進むと御手洗の滝経由で石谷山へ行けます。

今回、私は左側に有る登山口から進みます。

滝は帰りにでもっと思いまして(^^;;

Tシャツ短パンでスタートしましたが、
安心して下さい。
ザックにウインドシェルとグローブ入ってますよ。

他にもエマージェンシーシート、ファーストエイドキット、テーピング、タオル、お金(500円)、保険証のコピー、ソイジョイ3本、ミニあまおうジャム&練乳パン(5個入り)、500ペットのカフェオレ1本が入ってます。

元気に走って上りますが撮影ばかりでなかなか進みません(^^;;
石谷山山頂辺りまで来ると風が強いしガスってて寒くなって来ました。

山領堺峠からは七曲峠では無く九千部山方面へ

そのまま九千部山山頂に行っても距離が短いので、うるしが谷ルートからグリーンピア那珂川方面へ下りますがYAMAPの登山ルートとはズレが有ります。
YAMAPの示すこのルートは旧道なのか?
下って行くと砂利道が横断してます。
トレイルと砂利道を交互に出入りして進んで行きます。

完全なトレイル区間に入って下ってるとホルン五ケ山展望台の張り紙が有り左側に階段が有ります。

上ると三角点と標高表示そして展望台が有ります。
展望台に上るも木々に囲まれて何も見えません(^^;;

トレイルに戻って少し下ると直進と柵の有る左折路に出ます。
ここはどちらに進んでも合流します。
どちらも階段ですが直進は少し足場が悪いですが左折路は綺麗です

あと200mくらい直進で下るとグリーンピア那珂川スキップ広場に到着予定です。
スキップ広場に出るには猪対策の扉が有ります。
支柱が鍵の役割をしてたと思います。

しかしながら私は遠回りしたかったので桑ノ河内ルートへ左折しました。
YAMAPの登山ルートを確認するとやはり、うるしが谷ルートとはズレが有りますが、その旧道らしきルートと桑ノ河内ルートは繋がってますので合流地点まで行ってみると、やはりルートは有るっぽいけど誰も通っていないだろうってくらい草が生えてました。
桑ノ河内ルートで下ると東脊振トンネルから那珂川方面へ向かうループ橋の下に出て来ました。
振り返ってもそこが登山口だとはわかりづらいですし表示も有りません(^^;;

舗装路をジョギングでグリーンピア那珂川方面へ
途中で右折して旧道へ入ります。

グリーンピア那珂川の入り口まで来ました。
横を流れてた川はグリーンピア那珂川の入り口から南畑ダムになります。
立て看板のルートマップで確認して桜谷ルートに進みます。

トレイル区間は少しだけでコンクリートの階段が出現(^^;;
上ると舗装路に出ます。
舗装路を跨いで木の階段が有りますが駐車場へ上るだけ(>_<)
舗装路を進み右カーブの途中に桜谷ルートの階段が有ります。
そのまま舗装路を進むと多分スキップ広場に出るのではないだろうか?

右カーブから舗装路を少し上るとトイレが有ります。

桜谷ルートを辿ってるんだけどYAMAPのルートとはまたしてもズレが?

そのままトレイルを進むと川跨ぎが有ります。
前日の雨で増水してるのか?靴が濡れそうです(^^;;
ゴアテックスのシューズで良かった(^^;;

その後も立札は無いものの、ここは分岐なのか?みたいな所が何ヶ所か有りました。

元の石谷山〜九千部山間に出るかと思いきやサガテレビアンテナの方に上る入り口を通り越した先に出ました。

九千部山頂で撮影して展望台下の階段からトレイルに入り下りましたが途中で道が無くなり藪漕ぎしてました(>_<)
まずいと思って来た道を戻るつもりが道を見失い少し彷徨います。
なんとか元の道に戻りましたが、諦めの悪い私は、もう一度チャレンジ(^^;;

やっぱり道が無くなりました。
川下りのルートなのか?
もちろんYAMAPには記されて無いルートです。
藪漕ぎして短パンだった両足は傷だらけです。
それでも川沿いを進んで強引に大谷ルートの舗装路にでました。

トレイルで大谷登山口まで下ると杖が置いてありました。九千部クラブと書いてます。

舗装路を、下ると九千部山横断線と言う舗装路にでました。
九千部山横断線は柿の原峠側から東脊振まで繋がってます。

九千部山横断線をランニングしてると勝尾城跡の表示を発見しました。
城跡まで20分と書いて有りますが、当然行きますとも(^^;;

実際には14分くらいで城跡に到着しました。
ここが城山なんですね(^_^)
下りは、アッと言う間でした(^^;;

後は九千部山横断線をランニングして御手洗の滝付近に戻るだけです。

横断線の途中にも九千部山登山口が有りました(^^;;

約8時間かけて、やっとゴールです(^^;;

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン