YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雨の川、のち雪の山

crawfishさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:超が付くほどのインドア派なのですが、なぜかMYOGにはまってしまい、フィールドテストのためにしぶしぶ山に登っています。
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:未経験
  • レベル:未経験
  • その他 その他

川苔山(川乗山)

2016/02/16(火) 04:51

 更新

雨の川、のち雪の山

公開

活動情報

活動時期

2016/02/15(月) 10:30

2016/02/15(月) 20:18

アクセス:189人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,190m / 累積標高下り 1,512m
活動時間9:48
活動距離13.76km
高低差990m

写真

動画

道具リスト

文章

1000km離れた海の向こうでは凍った滝を見に行くのがブームらしい。

 …いいな …私も見たいな …連れてって欲しいな

なんて空に向かって呟いてみたところで何も起こらないので、こっちの方にある凍る滝を見に行くことにした。

しかし装備が何も無いので揃えているうちに春が近づいて氷は解けてしまったらしいので、来シーズンへの下見ということになった(笑)。


天気予報は曇りだったのに、バスを降りたらポツポツと雨が降り始め、程なく本降りになってきたので早速買ったばかりのレインウェアを装着。
2時間程の雨の中快適に歩く事ができた。
登山道が川沿いで、途中沢山写真を撮りたかったけれどスマホの水没が恐くてあまり取れなかった。気候がよくなったらそれだけでもリベンジしたい。

滝の手前で一人のハイカーさんとすれ違った。上の方はかなり雪が積もっていて、トレースを踏んで行けば大丈夫だけど外すとこれぐらい埋まるよ、と太ももの当たりを指差して教えて下さった。

その辺りから雨は雪に変わり、小降りになってきた。

百尋の滝は残念ながら凍っていなかったが、苦労してここまで来ただけの甲斐はあったと思える見応えで、滝マニアになりたくなってみたw

今日は日没までに下山できればいいので、まだ時間に余裕があると思って川乗山まで行って見ようと思った。

しばらくは雪もそれほどなく、順調に進んで行ったが、先程のハイカーさんが教えて下さった雪深い所に出てきた。
トレースを踏めば大丈夫とおっしゃっていたけど、そのトレース自体が膝ぐらい深いんですけど…
ここで買ったばかりのチェーンスパイクを装着。

この辺りから雪と風が強くなって、山頂まで0.2kmの分岐に着いたけれど、これ以上は無理と判断して撤退。

レインウェアを着ていたおかげで終始寒さを感じなかった。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン