YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

丹沢山ピストントレラン

はまださん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:トレランや登山、MTBやスノーボードと山が大好きで、天気の良い休日にはほとんど山にこもっています。
  • 活動エリア:神奈川, 東京, 長野
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1969
  • 出身地:大阪
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

丹沢山

2016/02/17(水) 08:40

 更新

丹沢山ピストントレラン

公開

活動情報

活動時期

2016/02/16(火) 05:26

2016/02/16(火) 10:55

アクセス:185人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,313m / 累積標高下り 1,383m
活動時間5:29
活動距離11.60km
高低差1,163m
カロリー3886kcal

写真

動画

道具リスト

文章

昨日も丹沢山から蛭ヶ岳方面へと思って早朝から出発。
週末の春一番の影響で大分雪が溶けたと言う情報だったが、月曜日の雨がおそらく雪だろう予測して出発。
道中かなり冷え込んで出発時気温-3℃。
凍結箇所もあり運転も注意が必要。
足元はほとんど雪が無くなって歩きやすくなっていた。
登山道に入ると新雪が積もっていたが、久しぶりにトレランシューズの裏でトレイルの感触を楽しめた。
天王寺尾根に取り付くと、やはり雪が多くなり始めた。
夜明けの時間稜線から顔を出した太陽がオレンジのドットで雪面や木々を染め上げたのが美しかった。
流石に急登の所でアイゼンを装着。
全くトレースが無いので、慎重にルートを確認しながら登ったが、ほんの少しロストしたぐらいで、大分登り慣れて来たようだ。
今回は新雪に動物の足跡が多く、中には人の足跡に近い位の大きさの足跡にまさか熊⁈となりました。
今回は晴れの予報だったが、山頂は雲に覆われ全く景色が見えない。
雲も海からでは無く西側から湧いてきているので、先に進むのを諦めて早めの昼食。
昼食を食べ終わる頃ハイカーさんが同じルートを登って来られた。
やはり晴れることを期待していらした様だ。
食ったら走る。
下り始めると新雪が気持ち良い!
数人の方とすれ違う。
高齢のハイカーさんが樹氷を楽しみに重い一眼レフをぶら下げていらした様だか、残念ながら雨氷も樹氷も無くなっていた。
何時もの同じルートなので、危険も無くご機嫌な雪上トレランを楽しんで来ました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン