YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

縦走計画 序章

ふぅさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:鈴鹿山脈と養老山脈を一望できるとこに住んでます。 日曜しか時間を作れないので晴れ上がった山をみるといつもうずうずしてます(笑)
  • 活動エリア:三重, 岐阜, 滋賀
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1967
  • 出身地:三重
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

多度山・美濃松山・石津御嶽

2016/02/22(月) 19:21

 更新

縦走計画 序章

公開

活動情報

活動時期

2016/02/21(日) 06:10

2016/02/21(日) 15:29

アクセス:155人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,515m / 累積標高下り 2,505m
活動時間8:45
活動距離18.06km
高低差673m
カロリー4834kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今日は竜ヶ岳に行こうと思っていたけど風が強まるとの天気予報で風の影響受けにくい多度山系へ

本日の目的はテン泊兼ねた縦走のトレーニング
いつもならザックをいかに軽くするかだけど今日は真逆
テントこそは持ってこなかったがいままでザックには入ってたものプラス量増しに衣服 2リットルの水袋を3つで重量調整 計算上18キロに設定
かさばるものがなかったので70リットルのザックはチョイぶかぶか気味だがそこはまあ予行練習ってことで
担ぐまでがまぁ重い けど背負ってみるとさほどでも無い ベルトも何もかも太いから重量を上手く分散させてるんだろう

さて薄明るくなってきたから出発

階段のオンパレードから
一歩一歩に重量感が足に伝わる
いつもなら朝一は飛ばし気味だがそんなことしてたら1日もたないと身体が拒否してるようにスローペースで進む

低山の石津御嶽山このコース以外と勾配きつく7合目まで同じような登りでトレーニングにはもってこいって感じでした。 ただ眺望は4合目の展望台のみ ここで1日分の目の保養をすることをお勧めする。

2キロの山頂までのコースを標準タイム1時間10分きっちりとかかりましたがまあ合格ってことて^ - ^
足の疲労も雪山よりは全然らくでした。

ここからは縦走路
恋姫山は今日はスルー
縦走路と言えば聞こえはいいけど 林道 これが延々と続きます

奥の院を過ぎ急坂を過ぎたら林道エリアにはいるんですが少し進むと木にペットボトルが 看板はないけど行けそう
古い林道に抜ける道がありました
舗装されてないから足にも優しいです
鱒沢池近くに合流
避難小屋?でしばし休憩
ここから15分で恋姫山です

またまた林道を突き進む勇守山の看板(ログでは分岐注意)になっていたが違う方にいってみた どっち行っても勇守山って書いてあったから
結果オーライ
舗装路じゃないからこっちの林道の方が全然いいです
ただ最後は行き止まりで少し戻りプチ山越えで本線に

今日唯一の遭遇者に出逢う
四年振りに山に来たとのこと
巡礼の方が持ってる直径4センチ程の立派な杖を持って見えましたがあれって重く無いんですかね?

桜番所までご一緒させて頂いて退屈な林道が楽しいものになりました。

ピストンにするか庭田山頂目指すか考えながら少し進んでお昼

トラック協会の建物 ちょっとカビ臭いかったけど風がしのげればメンクは言えない

今日のごはんはイオンの1人チゲ鍋
チーズ投入して うまっ
締めにおにぎり投入してリゾットに 超うまっ ビール持って来ればよかった(¬_¬)

とりあえず庭田山頂に向かうことにした
2、30分位進んだところで看板が その横には脇道が‥ ログにはないが行ってみる
どこに出るかわからないがマーキングもあるし大丈夫そうだ
15分位進んだとこでまた脇道発見 これは怪しいかなぁって思ったけど時間に余裕があったので怪しい方を選択
マーキングはないが足跡があったのでそのまま進む 写真は前後してるが自然薯でも掘ったのか掘り返した穴があるのをみて安心したのが間違い
だんだん急坂になりGPSを確認すると等高線が超狭 この先はヤバい 元の場所まで戻りマーキング通りに進む
あまり使われてないルートみたいで倒木やら崩れた場所もそのまんまでした 危険なところもいくつかあったので谷底見てビビる方にはオススメ出来ないと思います。

降りた先は砂防公園といいうのがある場所でした
無事下山できて一安心

駅まで長い道のりを歩きふた駅電車利用でマイカーまで辿り着く

迷ったおかげで?! いろんなシチュエーションを体験出来たので予行練習としては良かったのかな(^^)

しばらくはこのザックで重装備トレーニングをして本番に臨みたいと思います。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン