YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

出雲北山(弥山)初めて子供を連れての登山。

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

日御碕

2016/02/21(日) 20:54

 更新

出雲北山(弥山)初めて子供を連れての登山。

公開

活動情報

活動時期

2016/02/21(日) 13:57

2016/02/21(日) 16:17

アクセス:608人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,282m / 累積標高下り 1,281m
活動時間2:20
活動距離5.36km
高低差516m

写真

動画

道具リスト

文章

雨の予報が、ちょっと良い天気になった。先週の日曜日は、雨の中、今日と逆のコースを歩いているが、また歩くことになった。
いつも家でゲームしているうちの子供たちなのだが、何とかして、外で遊ばせたい。
うちの子と、近所の友達、(共に小学校4年生)、本日は登山に合意してくれた。
午後からの出発だが、果たして500mの山へ無事登れるのか、言っては見たものの、私の方が不安でいっぱい。
途中のお店で、おやつと飲み物を調達、子供たちは、遠足気分。
山の上は寒いが、「何枚着てる?」と確認すると、何とうちの子は上着1枚しか着ていなかった。せめてもと、途中で下着を1枚購入し、合計2枚にした。下の半ズボンは、まあいいや。
30分ほどで、登山口へ到着。私一人では登り慣れた登山道も、今回は勝手が違う、子供たちを先に歩かせ、私が作った階段をありがたく歩くかと思いきや、足元も見ずにどんどん走って行って行く。結構なスピードで追いかけたが、トレイルランの競争のようになった。私のリュックにおやつとジュースが入っているので、おやつを餌に、途中で1回ほど休憩させ、危ないので、山頂までの後半は私が先導して登った。約45分で山頂に到着。子供にとって山頂からの郷土の風景は、初めてなので、興味深々だったようだ。おにぎりを半分ずつ食べさせ栄養補給、東へ少し行った岩場の崖の所まで歩いてガレ場を案内した。

山頂には、他に一組の登山者がいらっしゃった。地元の方で、かなりの回数を登っていらっしゃる。登山道の階段が増設されたのをご存知だったので、大変うれしかった。今度、登山道途中に隠してあるスコップを見える所に置いておきます。私の名前ノドクサリ(ネズミゴチ)と書いておこう。粘土質の土なので、階段もすぐに消えてしまいそう。この登山道は、多くの有志によって維持されているので、協力していただけるとうれしい限りです。

下山に移った。子供たちの体力は持ちそうなので、縦走路-薬師谷経由で一周するコースを選択。こちらの道は、登ってきた修理免の道よりも荒れているが、これが返って子供たちには面白かったようだ。急斜面や倒木,荒れた地面に「気を付けてよ」って何回も叫ぶが、探検気分だけで走ってしまう。子供達が危なく気が気でなかったが・・・、まてよ、私も同じ年頃には、一日中、山を歩いていて傷だらけだったなあ、そう思えば、少しぐらいのケガは当然かと思い直した。半分下山した辺りで、子供に先頭を譲った。すると、思い思いの道を走っていく。倒木の上で滑って背中から落ちたり、木の根っ子で転んだり、棘のツルがあったり、結局、二人とも何回か転んだが、大事には至らず、無事下山できた。とにかく、ほっとした私でした。

私が丁寧に作った階段のある登山道は「簡単でつまらんだった、下りの道のほうが楽しかった」と言ったので、そうかー ちょっと整備し過ぎだったかなあ。危険な倒木などを処理するだけで十分なのか?考え直す材料となった。しかし、道の重要性から言えば、修理免登山道は、多くの方が登られる主要な道なので、整備が必要だと思う。薬師谷は、少し慣れた人が歩かれるから、危ないところだけを除去する位が良いかもしれない。
子供達、次回、別の山へも登る気満々なので、「自然界での遊びをさせる」を目標に俺はがんばるぞ。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン